ジェルジ・ヤンツェル

画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月
この項目では、インド・ヨーロッパ語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いヤンツェル・ジェルジと表記することもあります。(Template:ハンガリー人の姓名

ジェルジ・ヤンツェル(Georges Janzer, 1914年9月15日 - 1989年10月18日)は、ハンガリー出身のヴィオラ奏者[1][2][3][4]

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジョルジュ・ヤンツェル
  • ゲオルク・ヤンツェル
  • ゲオルグ・ヤンツェル

ブダペストの生まれ。1925年からリスト・フェレンツ音楽専門学校でオスカル・ステューダーとエデ・ザトゥレツキにヴァイオリンを学び、1934年にはジュネーヴ音楽院に留学して修士号を取得した。帰国後はしばらくブダペスト市立管弦楽団のコンサートマスターを務めたが、1940年から1978年までヴェーグ四重奏団にヴィオラ奏者として参加。第二次世界大戦後は、チェロ奏者のエヴァ・ツァコと結婚し、1967年からアルテュール・グリュミオーと夫婦でグリュミオー・トリオを結成している。

教育者としては、盟友のシャーンドル・ヴェーグと共にデュッセルドルフ音楽院でヴィオラを教え、1972年から妻と共にインディアナ大学で教鞭を取った。

ブルーミントンの自宅で就寝中に死去。

脚注編集

  1. ^ fold3.com
  2. ^ ジェルジ・ヤンツェル - Discogs
  3. ^ Memorial Resolution PROFESSOR EMERITUS GEORGES JANZER (1914 - 1989)”. 2013年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月9日閲覧。
  4. ^ The Indianapolis Star from Indianapolis, Indiana · Page 38”. 2013年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月9日閲覧。