ジェームス・レンツ

ジェームス・レンツ(James E. Lentz、1955年10月14日 - )は、アメリカ人実業家。アメリカ人初の米国トヨタ自動車販売最高経営責任者を経て、北米トヨタ自動車最高経営責任者。

人物・経歴編集

1978年デンバー大学経営大学院卒業、MBA経営学修士)(ファイナンス)。1982年米国トヨタ自動車販売入社[1]ポートランド地域販売担当マネージャーとして頭角を現し[2]、2004年には米国トヨタ自動車販売グループ副社長に就任。2006年米国トヨタ自動車販売執行副社長。2006年トヨタモーターノースアメリカ上級副社長。2007年米国トヨタ自動車販売取締役社長。2008年トヨタ自動車常務役員。2009年米国トヨタ自動車販売取締役社長兼COO[1]。2012年にはアメリカ人初となる米国トヨタ自動車販売取締役社長兼CEOに昇格[2][1]。2013年トヨタ自動車専務役員北米本部本部長北米地域CEO、トヨタモーターノースアメリカ取締役社長兼COO。2015年トヨタモーター エンジニアリング アンド マニュファクチャリング ノース アメリカ取締役社長兼CEO。2019年トヨタ自動車執行役員北米本部本部長[1][3][4]

脚注編集

先代:
寺師茂樹
北米トヨタ自動車社長
2013年 - 2020年
次代:
小川哲男