メインメニューを開く

ジクロロイソシアヌル酸(Dichloroisocyanuric acid)とは、1,3-ジクロロ-1,3,5-トリアジン-2,4,6-トリオンのことである。

性質編集

 
ジクロロイソシアヌル酸の線角構造式。
 
3D構造。黒が炭素、白が水素、青が窒素、赤が酸素、緑が塩素を表している。

 

ジクロロイソシアヌル酸は常圧下で融点は225 ℃。常温常圧で無色の固体で、密度は2.2 (g/cm3)である。また、ジクロロイソシアヌル酸はナトリウムとを作る他、その2水和物もナトリウムと塩を作る [1]

合成編集

ジクロロイソシアヌル酸は、シアヌル酸を塩素化することによって作られる [2] 。 つまり、

シアヌル酸 + 2Cl2 → ジクロロイソシアヌル酸 + 2HCl

という反応をする。ジクロロイソシアヌル酸の分子式はC3HCl2N3O3、分子量は197.96である [3]

出典編集

  1. ^ 1,3-Dichloro-1,3,5-triazine-2,4,6(1H,3H,5H)-trione sodium salt dihydrate
  2. ^ Huthmacher, K.; Most, D. (2005), "Cyanuric Acid and Cyanuric Chloride", Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, Weinheim: Wiley-VCH, doi:10.1002/14356007.a08_191
  3. ^ 1,3-ジクロロ-1,3,5-トリアジン-2,4,6-トリオン