メインメニューを開く

ジズドラ川(ジーズドラ河、ロシア語: Жи́здра, Zhizdra)は、ロシア西部・カルーガ州を流れる河川で、オカ川の左支流である。長さは223キロメートル[1]、流域面積は9,170平方キロメートル[1]に達する。

ジズドラ川
水系 ヴォルガ川
延長 223 km
平均の流量 35 m³/s
流域面積 9,170 km²
水源の標高 -- m
河口・合流先 オカ川
流域 ロシアカルーガ州
テンプレートを表示

主な支流にはレッセタ川(Рессета)、ヴィテベチ川(Вытебеть)、ブルィーニ川(Брынь)、セレナ川(Серена)、ペソチニャ川(Песочня)などがある。ジズドラ川に面した町にはジズドラコゼリスクなどがある。

ジズドラ川は、カルーガ州南西のドニエプル川水系の町リュジノヴォの15キロメートル東の丘陵に発する。最初は南へ流れた後、東へ向きを変え、すぐにジズドラの町に入る。その後北東や南東に向きを変え、カルーガ州の南部に広がる中央ロシア高地の丘陵地を刻みながら、次第に東の方へと向かう。

コゼリスクに入る前に北へ流れを変え、コゼリスクの北数キロのところで、ロシア正教会の精神的中心の一つであるオプチナ・プスチン修道院の横を流れる。さらに30キロメートルほど細い氾濫原の中を蛇行しながら流れ、ペレムィシリ付近で北流するオカ川上流に西側から合流している。

ジズドラ川は11月末から4月初頭にかけては凍結する。4月の雪解けの時期には水量が増え洪水を起こすこともある。

脚注編集

  1. ^ a b ジズドラ川ソビエト大百科事典より (ロシア語)