メインメニューを開く

ジャアファル・ハーン(? - 1789年1月23日)は、ザンド朝の第7代君主(在位:1785年 - 1789年)。

ジャアファル・ハーン
ザンド朝第7代君主
Ja`far Khan.png
在位 1785年 - 1789年

死去 1789年1月23日
子女 ルトフ・アリー・ハーン
王朝 ザンド朝
父親 サーディク・ハーン
テンプレートを表示

生涯編集

父は第5代のサーディク・ハーンで、初代カリーム・ハーンの甥である。1782年に父が一族のアリー・ムラード・ハーンに背かれてシーラーズを攻められた際、父を裏切ってアリー・ムラード・ハーンに内通した。このため、彼だけは助命されて重用された。

しかし1785年にアリー・ムラード・ハーンがカージャール朝との戦いに敗れて戦死すると、その跡を継いでイスファハーンを奪回した。しかしカージャール朝の反撃を受けてシーラーズに撤退した。以後、カージャール朝と交戦するが、1789年に部下の反乱を受けて暗殺された。

跡を子のルトフ・アリー・ハーンが継いだ。

参考文献編集