ジャクソン・ベック

ジャクソン・ベック(Jackson Beck, 1912年7月23日 - 2004年7月28日)は、アメリカ合衆国の男性声優、俳優。ラジオドラマやTVアニメの『スーパーマン』の冒頭ナレーションや、短編アニメ映画『ポパイ』シリーズのブルート英語版の声優を務めたことで知られる。

ジャクソン・ベック
生年月日 (1912-07-23) 1912年7月23日
没年月日 (2004-07-28) 2004年7月28日(92歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗ニューヨーク市
死没地 アメリカ合衆国の旗ニューヨーク市
職業 ナレーター
声優
俳優
ジャンル ラジオドラマ
TVアニメ
映画
活動期間 1931年 - 2004年
主な作品
スーパーマン
ポパイ
テンプレートを表示

経歴編集

サイレント映画の俳優であったマックス・ベック(Max Beck)の息子として、1912年7月23日ニューヨーク市で産まれる。

1931年にラジオドラマ『マートとマージ英語版』に出演。1934年からはベーブ・ルース本人が出演するラジオ番組『ベーブ・ルースの冒険』のアナウンサーを務めた。1940年から放送されたラジオドラマ『スーパーマン (ラジオドラマ)英語版』の冒頭でジャクソン・ベックが語ったキャッチ・フレーズは多くの人に好かれることになった。

ジャクソン・ベックはヨシフ・スターリンをはじめ世界各国の指導者たちの声帯模写もラジオドラマで披露している。この他、S・S・ヴァン=ダインの推理小説がラジオドラマ化された際には名探偵ファイロ・ヴァンス(Philo Vance)を演じているなど、数多くのラジオドラマに出演している。

スーパーマンの冒頭ナレーションはTVアニメシリーズとなった『スーパーマン新冒険』でも引き続き担当し、ナレーション以外の登場キャラクターもいくつか演じている。

92歳の誕生日を迎えた5日後の2004年7月28日脳梗塞のため死亡。ニューヨーク市ブルックリン区のマウント・ホープ墓地に埋葬されている。

出演作品編集

テレビアニメ編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ スーパーマンことクラーク・ケントが勤めるデイリー・プラネット社の編集長
  2. ^ 悪役。スーパーマンの宿敵の1人

外部リンク編集