ジャック・シェイ

アメリカ合衆国のスピートスケート選手

ジョン・アモス・シェイ(John Amos Shea、1910年9月7日 - 2002年1月22日)は、ジャック・シェイやザ・チーフという呼び名でも知られるアメリカスピードスケート選手。1932年の冬季五輪で2つの金メダルを獲得した。1つの冬季五輪で2つの金メダルを獲得した最初のアメリカ人であり[2]、息子、孫の3世代にわたり冬季五輪に出場している[3]。同国のアーヴィング・ジャフィーとともに1932年の冬季五輪で最も成功した選手である。

ジャック・シェイ
Jack Shea 1929.jpg
ジャック・シェイ (1929年)
個人情報
生誕1910年8月7日
ニューヨーク州レークプラシッド[1]
死去2002年1月22日 (91歳没)
ニューヨーク州サラナックレーク
スポーツ
競技スピードスケート
クラブハノーバー、ダートマスビッググリーン[1]
成績・タイトル
自己ベスト500 m – 45.0秒 (1931年)
1500 m – 2分25.2秒 (1931年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
1932 レークプラシッド 500m
1932 レークプラシッド 1500m

1932年の冬季五輪の500mと1500mのスピードスケートで金メダルを獲得した。この大会の開会式で選手宣誓も行った。この開会式の司会は当時ニューヨーク州知事であったフランクリン・ルーズベルトであった。1936年のガルミッシュ・パルテンキルヘン五輪ではそのタイトルを防衛しない選択をした。これはレークプラシッドのラビが彼にヒトラーのドイツのオリンピックに参加しないよう頼んだからであった[4]

数十年後、1980年のレークプラシッド冬季五輪の誘致に、オリンピック組織委員会のメンバーとして大きな役割を果たした。その後、大会で使用された会場を管理する組織であるオリンピック地域開発局の副会長を務めた。

息子のジム・シェイ・シニアは1964年のインスブルック五輪のノルディック複合とクロスカントリースキーに出場し、孫のジム・シェイ・ジュニアは2002年のソルトレイクシティ五輪のスケルトンで金メダルを獲得している[1]。ソルトレイクシティ五輪の前の聖火リレーにも参加した。この時灯されたコールドロンのあるスピードスケートのトラックはジャックが1932年に2つのメダルを獲得したところであった。孫のジム・シェイ・ジュニアがソルトレイクシティ五輪に出場する17日前に、酒に酔った運転手の車に正面衝突し亡くなった[5][6]

スポーツ以外編集

レークプラシッド高校、ダートマス大学を卒業しアルバニー・ロースクールに短期間通ったが、世界恐慌の間様々な仕事をして家族を支えるために離れた。1958年から74年まで町の判事を務め、74年から引退する83年までノースエルバ町の町長を務めた[7]

参考文献編集

  1. ^ a b Jack Shea. sports-reference.com
  2. ^ 2003–04 Annual Report (in PDF format) from the Olympic Regional Development Authority website
  3. ^ Shea Welcomed In Lake Placid, Associated Press (March 3, 2002)
  4. ^ An Olympic dynasty: Like father, like son, like grandson, Associated Press (December 25, 2001)
  5. ^ Shea shines in the spotlight. Sports.espn.go.com (February 21, 2002). Retrieved on 2017-08-25.
  6. ^ Winter Olympic hero dies. BBC News (January 22, 2002). Retrieved on 2017-08-25.
  7. ^ Jack Shea, Gold Medalist in 1932, Dies at 91. lakeplacid.com

外部リンク編集