メインメニューを開く

ジャハーン・シャー(Jahan Shah, 1749年 - 1790年)は、北インドムガル帝国の対立君主。第15代君主シャー・アーラム2世と対立した。ビーダール・バフト[1](Bidar Bakht)とも呼ばれる。父は第13代君主アフマド・シャー

ジャハーン・シャー
ムガル帝国対立皇帝
在位 1788年7月31日 - 10月16日
戴冠 1788年8月29日
別号 パードシャー

全名 ナーシルッディーン・ムハンマド・クチュク・ジャハーン・シャー(ビーダール・バフト)
出生 1749年
デリー
死去 1790年
デリー
子女 2人の娘
王朝 ムガル朝ティムール朝
父親 アフマド・シャー
母親 不詳
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

目次

生涯編集

1749年ムガル帝国の皇帝アフマド・シャーの息子として生まれた[2]

1752年11月12日、ビーダール・バフトはパンジャーブ太守に任命された[3]。その2年後、父のアフマド・シャーはガーズィー・ウッディーン・ハーンに廃位された。

1788年7月18日、アフマド・シャーの継母マリカ・ウッザマーニーの招きでグラーム・カーディル・ハーンデリーに入城した。皇帝シャー・アーラム2世は廃位され、代わりにビーダール・バフトが「ジャハーン・シャー」として皇帝となった[4]

ジャハーン・シャーは皇帝の代数に数えられておらず、実際はシャー・アーラム2世と対立した皇帝の一人にすぎないとされる。また、彼はグラーム・カーディル・ハーンの傀儡であったばかりか、自身の宝石を差し出さねばならないなど、その立場は非常に不安定だった[5]

その後、シャー・アーラム2世に味方するマラーターマハーダージー・シンディアがデリー進軍してきたため、10月2日にジャハーン・シャーはグラーム・カーディル・ハーンとともにデリーを出た[6]。だが、10月16日にマラーターに捕縛され、廃位された[7]

1790年、ジャハーン・シャーはシャー・アーラム2世の命により処刑された[8]

脚注編集

  1. ^ ビダル・バフトとも発音されるが、正確な発音はビーダール・バフトである。
  2. ^ Delhi 12
  3. ^ Delhi 12
  4. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.262
  5. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.263
  6. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.263
  7. ^ Delhi 12
  8. ^ Delhi 12

参考文献編集

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。 

関連項目編集