メインメニューを開く

ジャヤッパージー・ラーオ・シンディア

ジャヤッパージー・ラーオ・シンディア(Jayappaji Rao Scindia, 1720年頃 - 1755年7月25日)は、インドマラーター同盟シンディア家の当主(在位:1745年 - 1755年)。ジャヤッパ・ダーダー・サーヒブ(Jayappa Dada Sahib)とも呼ばれる[1]

ジャヤッパージー・ラーオ・シンディア
Jayappaji Rao Scindia
シンディア家当主
在位 1745年 - 1755年
戴冠 1745年
別号 サルダール

出生 1720年
死去 1755年7月25日
ラージャスターンナーガウル
子女 ジャンコージー・ラーオ・シンディア
王家 シンディア家
父親 ラーノージー・ラーオ・シンディア
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1720年頃、シンディア家の当主ラーノージー・ラーオ・シンディアの長男として生まれた[2]

1745年7月19日、ラーノージー・ラーオが死亡したことにより、当主位を継承した[3]

ジャヤッパージー・ラーオは父の領土拡大政策を継承し、マールワーに勢力を拡大したのちはナルマダー川を越えて、ラージプート諸王国の割拠するラージャスターンにまで進撃した。

しかし、1755年7月25日マールワール王国の領土ナーガウルを攻撃した際、マールワール王ヴィジャイ・シングの家臣2人によって、その城壁付近で殺害された[4]

出典・脚注編集

関連項目編集