ジャンカルロ・ゲレロ

コスタリカの指揮者

ジャンカルロ・ゲレロ (Giancarlo Guerrero1969年3月14日 - ) は指揮者。ニカラグアマナグア生まれのコスタリカ人。2009年度よりアメリカ合衆国テネシー州ナッシュビルを拠点に活動するナッシュヴィル・シンフォニーの7番目の音楽監督[1]。2011年より、クリーヴランド・オーケストラ・マイアミ支部のメイン客員指揮者を務めている[2]

Giancarlo Guerrero
ジャンカルロ・ゲレロ
生誕Giancarlo Guerrero
(1969-03-14) 1969年3月14日(51歳)
ニカラグアの旗 ニカラグア マナグア
国籍コスタリカの旗 コスタリカ
職業指揮者

経歴編集

ベイラー大学ノースウェスタン大学から学位を受けた。1999年から2004年までミネソタ管弦楽団で副指揮者を務め、ここで2000年3月、 John Corigliano の『Phantasmagoria on the Ghosts of Versailles』を世界初上演した。2001年から2008年までユージン交響楽団で音楽監督を務めた他、ベネズエラTáchira Symphony でも音楽監督を務めた。

2004年6月、アメリカン・シンフォニー・オーケストラ・リーグにより全米の若い指揮者の功績を称えるヘレン・M・トンプソン賞を受賞した。

2009年よりナッシュビル・シンフォニーの音楽監督を務めており、新しい音楽や現代音楽作曲家の熱心な支持者であるゲレロはジョン・クーリッジ・アダムズジョン・コリリアーノオスバルド・ゴリホフジェニファー・ヒグドンアーロン・ジェイ・カーニスマイケル・ドアティロバート・シエラなど全米で賞賛される作曲家とコラボレートしている。ナッシュビル・シンフォニーでの初収録はギリシャナクソス島で行なわれ、マイケル・ドアティの『Metropolis Symphony』、『Deux Ex Machina』を録音し、2011年、最優秀オーケストラ・パフォーマンス賞を含むグラミー賞3部門を受賞した。近年、アルゼンチンの作曲家アストル・ピアソラ、アメリカの作曲家ジョセフ・シュワントナーの曲を収録したアルバムを2枚発表した。

ヨーロッパアジアオーストラリア、南北アメリカの五大陸での客員指揮者を含む多忙な2010年度を過ごし、2011年夏、ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるマン・センターにてフィラデルフィア管弦楽団のコンサートを指揮し、さらに彼らのヴェイルやサラトガでのコンサートの指揮も行なった。また、定期的にベネズエラカラカスを拠点とするシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラで指揮を務め、ベネズエラで有名なエル・システマ音楽教育プログラムで若い音楽家の育成に尽力している。

近年、ボルチモアボストンシンシナティダラスデトロイトヒューストンインディアナポリスミルウォーキーサンディエゴシアトルトロントバンクーバーおよびワシントンD.C.ワシントン・ナショナル交響楽団や、ハリウッド・ボウルでのロサンジェルス・フィルハーモニック、ブロッサム・フェスティバルでのクリーヴランド・オーケストラ、インディアナ大学サマー・オーケストラ・フェスティバルなど夏季に行なわれる多くのフェスティバルを含む北米の著名なオーケストラに、数多く出演している。また、ポルトガルリスボンを拠点とするグルベンキアン管弦楽団イギリスデビューとなったスコットランドグラスゴーを拠点とするロイヤル・スコティッシュ管弦楽団で再演の契約を結び、ヨーロッパでの名声も上がっている。

オペラでの指揮も手掛けており、コスタリカン・リリック・オペラと定期契約を結んで『カルメン』、『ラ・ボエーム』、『リゴレット』などを指揮した。2008年2月、オーストラリアで行なわれたアデレイド・フェスティバルにて Osvaldo Golijov の一幕物のオペラ『Ainadamar』初演を指揮し、高い賞賛を得た。

受賞歴編集

これまで2回グラミー賞を受賞している。

  • 2011年 - 最優秀オーケストラ・パフォーマンス賞 『Daugherty: Metropolis Symphony; Deus Ex Machina
  • 2012年 - 最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ賞 『Schwantner: Concerto for Percussion & Orchestra』(ナッシュビル・シンフォニーおよびソロイストのクリストファー・ラム)

関連事項編集

脚注編集

外部リンク編集