メインメニューを開く

ベイラー大学

テキサス州の私立大学

ベイラー大学Baylor University)は、アメリカ合衆国テキサス州ウェイコにあるミッション系私立大学

Baylor University
モットー Pro Ecclesia, Pro Texana
モットー (英語) "For Church, For Texas"
種別 私立
設立年 1845年
提携関係 Baptist General Convention of Texas
資金 $1.23 billion
(2017)[1]
President Linda Livingstone
Provost Michael McLendon
教員数
1250[2]
学生総数 16,787人[2]
学部生 14,189人[2]
大学院生 2,598人[2]
所在地 アメリカ合衆国
テキサス州ウェーコ
キャンパス 郊外,"College town"; 800 acres (3 km²)
スポーツ Baylor Bears
スクールカラー 緑、金
ニックネーム ベアーズ
マスコット Judge Joy & Judge Lady [Both Live Bears], Brusier (costumed)
Big 12, ASAIHL
公式サイト baylor.edu
テンプレートを表示

概要編集

米国で最大のキリスト教プロテスタント宗派である南部バプテスト派により設立された私立大学であり、キリスト教精神に基づいた教育を特色としている。米国で大いに利用されているUS News Ranking 2019年度版National Universityランキングでtier2と見なされる78位に、Best Value Schoolsランキングで57位にランクインしている。

スポーツでは、ビッグ12カンファレンスに所属している。

日本の西南学院大学とは姉妹校の関係で、梅光学院大学大学院法政大学とは交換留学制度を締結している。

歴史編集

1841年、ユニオンバプテスト協会の会合で、ウィリアム・ミルトン・トライオン牧師ベイラー牧師の提案を受け入れ、テキサス州でバプテスト大学を設立することを決定した。テキサス地区の裁判官で、米国下院議員でもあったベイラーの名が、大学の校名になった。1844年の秋、テキサス・バプテスト教育協会は、バプテスト大学を設立するためにテキサス共和国大会に嘆願し、1845年2月1日に公式にベイラー大学が設立された。創立者たちは、テキサス州インディペンデンスに大学キャンパスを建設した。1846年にベイラーの指導者たちはチャペルを始めた。伝統は今日も続いており、160年以上にわたり学生の生活の一部となっている。

1885年にベイラー大学は、ウェーコに移り、ワコ大学という地元の大学と合併した。同年に、ベイラー女子大学も新しい場所、テキサス州ベルトンに移され、Mary Hardin-Baylor大学になった。

1903年、ベイラー大学は医学部をダラスに設立し、ベイラー医科大学になった。ベイラー大学はその後、医科大学をヒューストンに移した。1969年、ベイラー医科大学はベイラー大学から独立した。2つの機関は強固な関係を維持しており、ベイラー大学は依然としてベイラー医科大学の評議員の約25%を選出している。

関係者編集

著名な教員編集

出身者編集

日本人の卒業生編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ Baylor University (2011年9月27日). “Notes to Financial Statements (PDF)”. Financial Statements, Years Ended May 31, 2011 and 2010. Associate Vice President for Financial Services & Treasurer's Office. 2011年10月23日閲覧。
  2. ^ a b c d “[https://www.baylor.edu/content/services/document.php/256555.pdf 2015-2016 Common Data Set for Baylor University]”. 2018年7月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集