ジャンパー (衣服)

ジャンパー: jumper)は、元々は主に運転手、水夫などの職種の者が着用した上着丈のジャケットシャツの呼称[1]、またはエスキモーが着用したフード付き毛皮ジャケット[1]、または胴体部分とスカート部分が一体化した上着であるジャンパースカートを指す単語である[1]

目次

概要編集

英語では作業員用をジャケットまたはジップアップジャケット[2][3])、スポーツ用をウィンドブレーカー[4]としているほか、アメリカ英語では単にジャンパーと言えばジャンパースカート[5]の略であり、イギリス英語ではジャンパースカートを指す単語はピナフォアドレス[6]である。

転じて、現代においてはゆったりとした活動的な上着全般、遊び着、仕事着、作業着、運動着、防寒着などを指して用いられる[7]。また、作業着タイプのジャンパーの裾にたるみを入れて絞ったもの、およびジャンパーの中でもファッション性の高いものを指してブルゾン[8]と呼ぶ[1][7][9]

現代では丈は腰程度までの上着で前をファスナーやボタンで留めるもの、またはプルオーバータイプ、袖なしのもの、および短い袖のついた胴着をもジャンパーに含まれる[9]

歴史編集

17世紀頃に存在したカートル英語版という衣服が部位ごとにジャケットボディスチュニックなどといった別衣類として分かれ、そのうちジャケットを特に指してジュープ英語版と呼称していたものがジャンプに変化し、更にジャンパーの呼称に変化したと考えられている[1]。また、別の資料によれば19世紀半ば頃の作業着から発展したとの説もある[10]

1920年代には婦人服の上に羽織るブラウスの形でジャンパーの呼称を持つものが流行した[1]

脚注編集

関連項目編集