メインメニューを開く
ジャケット
ジャケット

ジャケット: jacket)は、上着の種類。広いカテゴリーであり、さまざまなものが含まれる。昭和の半ばまでジャケツという日本語化された表記・表音が用いられた[1][2][3]

通常、つき前開きだが、まれにプルオーバー(頭からかぶる)もある。丈は短いものではウェストラインまで、ヒップライン丈が多い[4]。これより長いものはコートとなるが、部分的に重複する。

目次

歴史編集

ジャケットとは中世ヨーロッパの男性用上衣に縁があり、スペイン語の鎖かたびらを指すヤク (西: jac) 、あるいは古フランス語ジャク (: jaque) が指す「身体にフィットする丈が短いチュニックで詰め物やキルティングをほどこし防護服としても用いた」ものを指すという説がある。後者は14世紀後半の英語の文献に「Iakke、jakke 」として登場する。やがて1400年には「女性向けの短いチュニック」という意味で使用された記録が残っている。ここから英語のジャケットという言葉ができた可能性がある[5]16世紀ごろまでのジャケットは、男性用で、丈がやや長く、ベルトを使ってとめていた[要出典]

名前にジャケットが入るもの編集

  • ストレートジャケット - 拘束衣のこと。

名前にジャケットが入らないもの編集

礼服編集

和服編集

関連項目編集

  • 防具

脚注編集

  1. ^ 外村繁 『澪標講談社1960年
  2. ^ 渡辺温」、『新青年』、博文館1927年3月
  3. ^ 中島敦虎狩」『光と風と夢』 筑摩書房1942年7月
  4. ^ Picken, Mary Brooks (1999) (英語). A Dictionary of Costume and Fashion [コスチューム・ファッション事典] (reprint ed.). Dover Publications. p. 185. ISBN 978-0-486-40294-9. 
  5. ^ Harper, Douglas. "jacket". Online Etymology Dictionary. 2018年2月23日閲覧.