メインメニューを開く

ジャン・エティエンヌ・ドミニク・エスキロール

ジャン・エティエンヌ・ドミニク・エスキロール(Jean-Étienne Dominique Esquirol, 1772年2月3日 - 1840年12月12日)は、トゥールーズ生まれのフランス精神病理学者

ジャン・エティエンヌ・ドミニク・エスキロール
Jean-Étienne Dominique Esquirol.jpg
ベザンとデルペッシュによるリトグラフ(1838年)
生誕 1772年2月3日
フランストゥールーズ
死没 1840年12月12日(1840-12-12)(68歳)
フランスパリ
国籍 フランス
研究分野 精神医学
研究機関 ピティエ=サルペトリエール病院
影響を
受けた人物
フィリップ・ピネル
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

近代精神医学創始者であるフィリップ・ピネルの第一の弟子として[1]、ピネルの疾病分類の発展や精神病者の処遇の改善や精神医学教育の発展に尽力した[2]。フランスではピネルと共に19世紀前半の最も重要な精神医学者として挙げられる[2]

経歴編集

1772年2月3日ににフランス南西トゥールーズで生まれたエスキロールは、トゥールーズ大学の附属たるコレージュ・ド・レスキル (Collège de l'Esquile) に学び、ナルボンヌ (Université de Perpignan) 及びモンペリエ大学で医学を学ぶ[3]。その後、パリピティエ=サルペトリエール病院でピネルの下で精神医学に携わった。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ ピネル”. コトバンク. The Asahi Shimbun Company、VOYAGE GROUP. 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  2. ^ a b エスキロール”. コトバンク. The Asahi Shimbun Company、VOYAGE GROUP. 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  3. ^ 星野 1987, p. 51.

参考文献編集

  • 星野常夫 「フランス19世紀初頭におけるエスキロール,J.E.D.とその「白痴」論について」、『文教大学教育学部紀要』 (埼玉: 文教大学) 第21巻、1987年12月。ISSN 03882144http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/BKK0001639.pdf?file_id=25433 

関連項目編集