ジャン2世 (オーヴェルニュ伯)

ジャン2世Jean II d'Auvergne, ? - 1404年9月28日)は、フランスオーヴェルニュ伯およびブローニュ伯(1386年 - 1404年)。「無能な家長(le Mauvais Ménagier)」と呼ばれた。ジャン1世伯とその妻のジャンヌ・ド・クレルモン(ブルボン公ルイ1世の姪)の間の息子。

ジャン2世
Jean II
オーヴェルニュ伯
Jean II d'Auvergne.png
ジャン2世のシール
在位 1386年 - 1404年

死去 1404年9月28日
配偶者 アリエノール・ド・コマンジュ
子女 ジャンヌ2世
家名 オーヴェルニュ家
父親 オーヴェルニュ伯ジャン1世
母親 ジャンヌ・ド・クレルモン
テンプレートを表示

コマンジュドイツ語版伯ピエール・レーモン2世の娘アリエノール・ド・コマンジュと結婚した。妻はリル=ジュールデン(L'Isle-Jourdain)の領主ベルナール2世の未亡人であった。ジャン2世は妻との間に娘を1人もうけた。

参考文献編集

  • Detlev Schwennicke (Hrsg.): Europäische Stammtafeln. Neue Folge Band 3, Teilband 4: Das feudale Frankreich und sein Einfluss auf die Welt des Mittelalters. Klostermann, Frankfurt am Main 1989, Tafel 735.
先代:
ジャン1世
オーヴェルニュ伯
ブローニュ伯
1386年 - 1404年
次代:
ジャンヌ2世