ジャート族(ジャートぞく、英語: Jat People)は、インド北部およびパキスタンに住む民族およびカーストである[1]

概要編集

ジャート族はもともとインダス川下流のシンド州に住んでいたとされ、中世後期に北方のパンジャーブ地方ヒンドゥスターン平野西部へ移動して、現在はおもにハリヤーナー州パンジャーブ州などに住み、宗教はヒンドゥー教イスラーム教シク教などである。

ジャート族は17世紀にムガル王朝に対してたびたび反乱を起こし、18世紀にスーラジュ・マルの時代には頂点に達した。ジャート族社会はもともとジプシーのしきたりで占い業や馬、農耕社会であったが、近世では、都会に住み地主や裕福で余裕のある方々である。

王家の血を引くジャート一族は高貴なアーリア人と迫害を受けたジプシーの血が混ざっており、インドやパキスタンでも上位カーストに該当する。 主にChoudhuryなどの苗字が多い。


ジプシーゆえに彼らの先祖にはギャングやヤクザものなどが多く、今でも口の悪さや横暴な性格な人間が多い、しかしアーリア人であるため肌が白い方もいれば美貌も兼ね備えてる。


現在ジャート族はインドのハーリヤーナ州・パンジャーブ州以外の7つの州で「その他後進階級英語版」と認定されているが、2016年ハーリヤーナ州ロータク県英語版などのジャート族はOBCに相当する優遇措置を求めて暴動を起こしている[2][3]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ジャート族(コトバンク)
  2. ^ “邦人は軍用ヘリで救出されていた…インド首都近郊のカースト暴動 日系企業にも大きな被害”. 産経ニュース. (2016年2月29日). https://www.sankei.com/article/20160229-HW3WIOUKFRPJBFBVI5OE3XQBE4/ 
  3. ^ “カースト制度に苦しむインド~ハリヤナ州で暴動”. Yahoo!ニュース. (2016年2月24日). http://bylines.news.yahoo.co.jp/kodamakatsuya/20160224-00054732/ 

外部リンク編集