メインメニューを開く

ジャーナリスト保護委員会(ジャーナリストほごいいんかい)(Committee to Protect Journalists,CPJ )とは、ジャーナリスト権利を守り、世界各国の言論弾圧を監視する目的で創設・運営されている非営利団体である。1981年に設立され、本部をアメリカ合衆国ニューヨークに持つ。

歴史編集

コソボ紛争では、NATOと交渉した。

2007年ミャンマーにおいて取材していたジャーナリスト長井健司がミャンマー軍に至近距離から銃撃されたことを受け、ミャンマー軍事政権による取材の妨害を強く非難する声明を出した。

関連項目編集

外部リンク編集