ジュール・アントワーヌ・リサジュー

ジュール・アントワーヌ・リサジュー(Jules Antoine Lissajous、1822年3月4日 - 1880年6月24日)は、ヴェルサイユで生まれたフランス物理学者である。互いに直交する二つの単振動を合成して得られる平面図形である「リサジュー図形」は彼の名前に因んでいる。プロンビエール=レ=ディジョンで死去した。

ジュール・アントワーヌ・リサジュー
Jules Antoine Lissajous
Jules Antoine Lissajous.jpeg
ジュール・アントワーヌ・リサジュー(撮影日及び撮影者は不明)
生誕 (1822-03-04) 1822年3月4日
ヴェルサイユ(フランス)
死没 1880年6月24日(1880-06-24)(58歳)
プロンビエール=レ=ディジョン(フランス)
居住 フランス
国籍 フランス人
研究分野 物理学
主な業績 リサジュー図形
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

多くの発明品の中には、自身の名前が付いた図形を描くことができる装置である「リサジュー装置」もある。この装置の中では、光線が振動する音叉に取り付けられたで反射し、さらに垂直に配置された振動する音叉(通常は、和声的音程を作る異なる音高に調整される)に取り付けられた鏡で反射して、壁にリサジュー図形を描く。これは、ハーモノグラフ等の別の装置の発明のきっかけとなった。

関連項目編集

外部リンク編集