ジョセフ・マース

ジョセフ・マース英語: Joseph Maas1847年1月30日 ダートフォード英語版 - 1886年1月16日 ロンドン[1])は、イギリステノール歌手[1]

略歴編集

1847年、ダートフォード英語版で生まれる[1][2]ロチェスター聖堂英語版の合唱団員を務めた後、1869年にミラノに向かい、歌唱を学んだ[2]ロンドンでは最初にオルガニストのJ・L・ホプキンスから、続いてルイーザ・パイン英語版から歌唱を学んだ[1]。1871年2月、ロンドンのコンサートでシムズ・リーヴス英語版の代役として歌い、最初の成功を収めた[2]。最初の俳優としての出演は1872年8月のことであり[1]、その後はアメリカ合衆国に移り、数年間そこで歌ったが、1878年にイングランドで演出した折[1]カール・ローザの誘いを受け[3]、1878年にカール・ローザ・オペラ会社英語版の首席テノールになった[2]。1886年1月16日、ロンドンで痛風[3]で死去した[2]

娘が1人いた[3]

評価編集

演技力より歌唱力を必要とする役を得意としており[3]、歌唱力とスタイルが演技力の低さを補って余りあるという評価だった[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Macy, Laura Williams, ed (英語). The Grove Book of Opera Singers. p. 292. https://books.google.com/books?id=N0zthpCZuAUC&pg=PA292 
  2. ^ a b c d e f Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Maas, Joseph" . Encyclopædia Britannica (英語). 17 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 188.
  3. ^ a b c d “Mr Joseph Maas, the Late English Tenor” (英語). Otago Witness. (1886年4月30日). https://paperspast.natlib.govt.nz/newspapers/OW18860430.2.76.3