ジョゼ・ジュリオ・デ・ソウザ・ピント

ジョゼ・ジュリオ・デ・ソウザ・ピント(José Júlio de Souza Pinto、1856年9月15日 - 1939年4月14日)はポルトガルの「写実主義」の画家である[1]。パリで活動し、高く評価された。

ジョゼ・ジュリオ・デ・ソウザ・ピント
José Júlio de Souza Pinto
Souza-Pinto.jpg
生誕1856年9月15日
ポルトガル,アングラ・ド・エロイズモ
死没1939年4月14日
フランス,ポン=スコルフ

略歴編集

アゾレス諸島テルセイラ島のアングラ・ド・エロイズモに医師の息子に生まれた。14歳までテルセイラ島やサンタマリア島サンミゲル島で育った後、ポルトガル本土のポルトに移った。1870年から1878年までポルトの美術学校(Academia Portuense de Belas Artes)で、画家のジョアン・アントニオ・コレイラや タデウ・デ・アルメイダ・フルタード、彫刻家のアントニオ・スワレス・ドス・レイスに学んだ。1880年に留学奨学金を得て、同僚のエンリケ・ポウサン(Henrique Pousão:1859-1884)とともにパリに移った[1]

パリではアレクサンドル・カバネルの工房で学び[2]パリ国立高等美術学校ウィリアム・アドルフ・ブグローアドルフ・イヴォンに学んだ。バロック期の画家、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロや同時代の画家、ジャン=ジャック・エンネルの作品を模写して修行した。

サロン・ド・パリに毎回出展し、何度か賞を受賞した。作品をフランス政府に買い上げられリュクサンブール美術館に収蔵された最初のポルトガル人画家となった。その作品『ジャガイモの収穫』は現在はオルセー美術館に移された.[1]。母国のポルトガルにもしばしば帰国し、リスボンやポルトで展覧会を開いた。ブルターニュの風景や人々を描き。ブルターニュのポン=スコルフで死去した。

1920年にポルトガル政府からサンティアゴ・ダ・エスパーダ騎士団勲章(Ordem Militar de Sant'Iago da Espada) を受勲し、1932年にキリスト騎士団勲章(Comendador)を受勲した[3]

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c Migliaccio, 1998, pp. 61.
  2. ^ «José Júlio de Souza Pinto - The Potato Harvest». Musée d'Orsay. Consultado em 6 de junho de 2009
  3. ^ [1] Resultado da busca de "José Júlio de Sousa Pinto". Presidência da República Portuguesa. Consultado em 28 de julho de 2019

参考文献編集

  • Luciano, Migliaccio. José Júlio de Souza Pinto. In: Marques, Luiz (org.) Catálogo do Museu de Arte de São Paulo Assis Chateaubriand: Arte da Península Ibérica do centro e do norte da Europa. São Paulo: Prêmio, 1998. 61-62 p.