ジョルジュ・フェドー

フランスの著作家 (1862-1921)

ジョルジュ・フェドー(Georges Feydeau、1862年12月8日 - 1921年6月5日)は、フランスの喜劇作家。

人物・来歴編集

パリ生まれ。奇妙でおかしい状況設定と巧妙な筋立て、当意即妙の台詞によるヴォードヴィルが人気を呼び、ブールヴァール劇を代表する作家の一人となった[1]

日本では1967年に「クルヴェット天から舞い降りる」(日生劇場俳優座)が市原悦子の主演、小沢栄太郎の演出、加藤剛三島雅夫の出演で上演され話題を呼んだ。

日本語訳編集

  • 『ジョルジュ・フェドー傑作集 1 旦那さまは狩りにお出かけ.耳に蚤-疑いのとりこ』米村晢 訳 劇書房, 1980.11
  • 『どうにもこうにも』桑原隆行 訳. 水声社, 2017.5

脚注編集

  1. ^ 『どうにもこうにも』