ジョン・キース (第3代キントア伯爵)

第3代キントア伯爵ジョン・キース英語: John Keith, 3rd Earl of Kintore1699年5月21日(洗礼日) – 1758年11月22日)は、スコットランド貴族。1715年から1718年までインヴァルアリ卿儀礼称号を使用した。

生涯編集

第2代キントア伯爵ウィリアム・キースとキャサリン・マレー(Catherine Murray、1726年1月没、第4代ストーモント子爵デイヴィッド・マレーの長女)の長男として生まれ、1699年5月21日にキース・ホール英語版で洗礼を受けた[1]

1718年12月5日に父が死去すると、キントア伯爵の爵位を継承した[1]

1729年8月21日、エディンバラでメアリー・アースキン(Mary Erskine、1714年7月5日 – 1772年5月19日、ジェームズ・アースキン英語版の娘)と結婚したが[1]、2人の間に子供はいなかった[2]

1733年、Knight Marischalに任命された[1]

1738年から1739年までフリーメイソンの一員としてスコットランド・グランドロッジのグランドマスター英語版を務めた[1]

1758年11月22日にキース・ホールで死去、弟ウィリアムが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire (英語). 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. p. 329.
  2. ^ "Kintore, Earl of (S, 1677)". Cracroft's Peerage (英語). 13 January 2007. 2019年8月2日閲覧
名誉職
先代
チャールズ・ハミルトン英語版
Knight Marischal
1733年 – 1758年
次代
ジェームズ・アースキン英語版
フリーメイソン
先代
クロマーティー伯爵英語版
スコットランド・グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1738年 – 1739年
次代
モートン伯爵
先代
レイモンド男爵
イングランド・首位グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1740年 – 1741年
スコットランドの爵位
先代
ウィリアム・キース
キントア伯爵
1718年 – 1758年
次代
ウィリアム・キース