ロバート・レイモンド (第2代レイモンド男爵)

第2代レイモンド男爵ロバート・レイモンド英語: Robert Raymond, 2nd Baron Raymond1717年頃 – 1756年9月19日)は、グレートブリテン王国の貴族、フリーメイソン

生涯編集

初代レイモンド男爵ロバート・レイモンドとアン・ノーシー(Anne Northey、1731年7月25日以前没、サー・エドワード・ノーシー英語版の娘)の息子として、1717年頃に生まれた[1]

1733年3月19日に父が死去すると[2]レイモンド男爵の爵位を継承した[1]

1739年から1740年までフリーメイソンの一員としてイングランド首位グランドロッジ英語版のグランドマスターを務めた[3]

1741年6月25日、メアリー・ブランデル(Mary Blundell、1782年以降没、初代ブランデル子爵モンタギュー・ブランデルの娘)と結婚した[1]

1756年9月19日に39歳で死去、後継者がおらず爵位は断絶した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1895). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R) (英語). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 332.
  2. ^ Cruickshanks, Eveline (1970). "RAYMOND, Sir Robert (1673-1733), of Lincoln's Inn and Abbots Langley, Herts.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年11月23日閲覧
  3. ^ Moore, Charles W. (1845). The Freemasons' Monthly Magazine (英語). IV. Boston: Tuttle & Dennett. p. 266.
フリーメイソン
先代
カーナーヴォン侯爵
イングランド首位グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1739年 – 1740年
次代
キントア伯爵
グレートブリテンの爵位
先代
ロバート・レイモンド
レイモンド男爵
1733年 – 1756年
断絶