ジョン・ネアーン (第3代ネアーン卿)

第3代ネアーン卿ジョン・ネアーン(英語: John Nairne,3rd Lord Nairne1691年頃 - 1770年7月11日[1])は、スコットランド貴族

生涯編集

第2代ネアーン卿ウィリアム・マレーとマーガレット・ネアーン(Margaret Nairne、1669年12月16日 - 1747年11月14日、初代ネアーン卿ロバート・ネアーンの娘)の息子として生まれた[2]

ジャコバイトとして1715年ジャコバイト蜂起に参加したが、父とともにプレストンの戦い英語版で捕虜となり、翌年には大逆罪で私権剥奪処分英語版を宣告された[1]。1738年成立の議会法で父祖の地所のみ相続を許されたのもつかの間、1745年ジャコバイト蜂起に再び加わって戦ったため、翌年には再度の私権剥奪処分を受けている[1]

彼は叛乱後はフランスへと国外逃亡し、1770年7月11日にサンセールで死去した。ジャコバイト爵位は息子のジョンが継いだ[1][2]

家族編集

1712年11月、従姉妹のキャサリン・マレー(Catherine Murray、1691年頃 - 1754年5月9日、初代ダンモア伯爵チャールズ・マレーの末娘)と結婚した。彼女は1754年にヴェルサイユで死去し、「ネアーン伯爵夫人」としてパリ近郊のサンマルタンに埋葬されたという[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e The Jacobite peerage, baronetage, knightage and grants of honour”. Ruvigny et Raineval, Melville Henry Massue, marquis de, (1904),p=126. 2019年11月19日閲覧。
  2. ^ a b Nairne, Lord (S, 1681)”. Cracroft's Peerage. 2019年11月19日閲覧。
スコットランドの爵位
先代
ウィリアム・マレー
ネアーン卿(デ・ジュリ)
1726年 – 1770年
次代
ジョン・ネアーン