メインメニューを開く

ジョン・ベン

ジョン・ベン(ジョン・ヴェン、John Venn FRS[2][3]1834年8月4日 - 1923年4月4日)は、イギリス論理学者哲学者ベン図の考案者として知られ、その成果は集合論確率論理学統計学計算機科学をはじめ、様々な分野で利用されている。

ジョン・ベン
John Venn
John Venn.jpg
生誕 (1834-08-04) 1834年8月4日
イングランドの旗 イングランドヨークシャーキングストン・アポン・ハル
死没 1923年4月4日(1923-04-04)(88歳)
イングランドの旗 イングランドケンブリッジ
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 数学
論理学[1]
哲学
研究機関 ケンブリッジ大学
出身校 ケンブリッジ大学
プロジェクト:人物伝
ジョン・ベンのサイン
ハル大学のベン・ビルディング
ゴンヴィル・アンド・キーズ・カレッジのステンドグラス

目次

生い立ち編集

1834年8月4日、イギリスヨークシャー州キングストン・アポン・ハルで、ドライプール地区司教ヘンリー・ベンとマルタ・サイクス夫妻の間に生まれた。母は3歳のときに死去した。家系に従い祖父ジョンと同じ聖公会に所属し、1859年に司教となり、ハートフォードシャー州チェスハント、次いでサリー州モートレイクに勤めた。

幼少時は家庭教師から教育を受けていたが、1853年からケンブリッジ大学ゴンヴィル・アンド・キーズ・カレッジに学び、1857年数学の学位を取得した。1862年、フェロー研究員としてケンブリッジへ戻り、倫理科学 (Moral science) の講師を務めるともに、論理学及び確率論を研究・教授した。

1868年、スザンナ・カーネギー・エドモンストーンと結婚し、一人息子ジョン・アーチボルド・ベンをもうけている。

1883年、自らの哲学と聖公会主義は矛盾すると結論し、聖職を退任した。また同年王立協会のフェロー研究員に選出され、ケンブリッジ大学からはSc.D.(上位博士号)を授与されている。

1923年に死去したが死因は明らかでない。

生誕180周年となった2014年8月4日には、グーグル検索画面のロゴ (Google Doodle) としてドゥードルが使用された。

記念施設編集

主な著作編集

  • Venn, John (1876年1月). “Consistency and Real Inference”. Mind 1 (1). http://fair-use.org/mind/1876/01/consistency-and-real-inference. 
  • Venn, John (1881). Symbolic Logic. London: Macmillan and Company. ISBN 1-4212-6044-1. 
  • Venn, John (1880年). “On the Employment of Geometrical Diagrams for the Sensible Representation of Logical Propositions”. Proceedings of the Cambridge Philosophical Society 4: 47–59. 
  • The Logic of Chance: An Essay on the Foundations and Province of the Theory of Probability
    • 初版(1866年)、第2版(1876年)、第3版(1888年)
  • Venn, John (1901). Caius College. London: F. E. Robinson & Co.. 
  • John Caius, John Venn (1904). The Annals of Gonville and Caius College. Printed for the Cambridge Antiquarian Society, sold by Deighton, Bell & Co..  (1904) – by John Caius, edited by John Venn

脚注編集

  1. ^ Venn, J. (1880). "I.On the diagrammatic and mechanical representation of propositions and reasonings". Philosophical Magazine Series 5 10 (59): 1–0.
  2. ^ Anon (1926). "Obituary Notices of Fellows Deceased: Rudolph Messel, Frederick Thomas Trouton, John Venn, John Young Buchanan, Oliver Heaviside, Andrew Gray". Proceedings of the Royal Society A: Mathematical, Physical and Engineering Sciences 110 (756): i–v.
  3. ^ John D. Pickles, (2004). ‘Venn, John Archibald (1883–1958)’, Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press

外部リンク編集