ジョン・ロミータ・Sr

ジョン・V・ロミータ・SrJohn V Romita, Sr.1930年1月24日 -)[1] は、アメリカ合衆国コミックのアーティストである。 マーベル・コミックスのアメイジング・スパイダーマンパニッシャーの作画で知られる。 息子はコミックアーティストのジョン・ロミータ・Jr

ジョン・ロミータ・Sr
John Romita Sr.
2006年
2006年
本名 ジョン・V・ロミータ・Sr
John V. Romita Sr
生誕 (1930-01-24) 1930年1月24日(91歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 漫画家
代表作アメイジング・スパイダーマン
受賞 インクポット賞 (1979)
アイズナー賞 (2002)
テンプレートを表示

キャリア編集

生い立ちと初期のキャリア編集

ロミータは3人の姉妹と1人の兄弟とともに、パン屋のビクターロミータとマリア・ロミータのイタリア系家庭のもとで生まれ[2][3][4] [5]、ニューヨーク市のブルックリンで生まれ育った。 ロミータはブルックリン中学校で9年間過ごして、1947年にマンハッタンの工業工芸学校を卒業した。

彼の指導者の中には、イラストレーターのハワード・シモン英語版とベン・クレメンツがいた。 またロミータが影響を受けた人物は漫画家のノエル・シックルズ英語版ロイ・クレーン英語版 ミルトン・カニフ英語版アレックス・トス英語版カーマイン・インファンティーノ英語版、 コマーシャル・イラストレーターのジョン・ウィットクーム英語版コビー・ウィットモア英語版アル・パーカー英語版 などがいる。 ロミータは、1949年にフェイマス・ファニーズ英語版シリーズでコミック業界に参入した。「スティーブン・ダグラスはすべての若い芸術家に影響を与えている。」とロミータはのちに言っている。 さらにロミータは「彼が私に与えた最初のストーリーは、ラブストーリーだった。それはひどいものだった。描かれてた女性は、堕落した男性のように見えた。」と振り返っている。 ロミータは1949年にニューヨーク市のフォーブスリソグラフで働いていたが、地下鉄で走っていた高校の友人であるレスター・ザカリン(Lester Zakarin)が17ドルまたは20ドルのページで、ノンクレジットのいわゆるゴーストライターとしての彼のための10ページの物語を描く。 このことについてロミータは 「これはばかげていると思った。2ページで私はいつも一週間以上作ることができるよりもお金を稼ぐことができるので、私はそれを偽装し、彼のためにノンクレジットを守った。」と振り返った。 しかしこの作品は、のちのマーベルコミックスのタイムリー・コミックスが、ロミータに編集長兼アートディレクターのスタン・リーと出会える機会を与えるのを助けた。 ロミータは、トロイアン・コミックの「Crime-Smashers」やその他のタイトルでザカリンのためにノンクレジットで作品を執筆したが、最終的に「ザカリンとロミータ」とクレジットされた[6]

アトラス・コミックス編集

彼はロミータが米軍に徴兵された年の1951年初頭に共同作業を終了した。 そのあと徴兵に先立ち主導権を握り、ニューヨーク・ベイのガバナーズ・アイランドのベース・アート・ディレクターにアート・サンプルを見せた。 彼はロミータがニュージャージー州フォート・ディックスで基本的な訓練を完了した後、募集ポスターの制作を行うためにロミータを任命した。 ロミータは7ヶ月または8ヶ月後に伍長に昇進した。そのあとロミータはブルックリンにアパートを借りた。

私生活編集

ロミータは1952年11月にVirginia Brunoと結婚した[7] 。彼らはクイーンズ区の家を購入し、1954年までブルックリンベンソンハースト英語版に住んでいが[8]、 数年後、家族はニューヨーク州のロングアイランドに引っ越した[9] 。 ロミータは2人の息子をもうけており、ビクター・ロミータとジョン・ロミータ・Jrがいる[10]。ジョン・ロミータ・Jrは父の足跡をたどって、著名な漫画家になった[11]

ビブリオグラフィ編集

DCコミック編集

  • DC 100 Page Super Spectacular #5 (1971)
  • Falling in Love #31, 35, 50, 53–55, 70, 81 (1959–1966)
  • Girls' Love Stories #82–88, 90–99, 101, 116, 120, 138, 140, 162, 165, 170 (1961–1972)
  • Girls' Romances #23, 62, 76, 85, 93–95, 114, 121, 129, 159–160 (1953–1971)
  • Heart Throbs #63, 65–67, 77–86, 90, 93, 99, 101 (1959–1966)
  • Secret Hearts #43, 60, 69–70, 78–93, 109, 152–153 (1957–1971)
  • Young Love #39–43, 45–54 (1963–1966)
  • Young Romance #125–128, 130–132, 171–172, 175 (1963–1971)

マーベル・コミック編集

  • Adventures into Weird Worlds #21 (1953)
  • All-True Crime #44 (1951)
  • The Amazing Spider-Man #39–58, 67, 72, 82–83, 87–88, 93–95, 106–119, 132, 365, Annual '96 #1 (as penciller); #89–92, 96, 120–125, 146, 151, 238, 247, 274, 400, Annual #16 (as inker only) (1966–1995)
  • The Amazing Spider-Man vol. 2 #18 (inker) (2000)
  • The Amazing Spider-Man Special Edition (1982)
  • The Amazing Spider-Man comic strip (1977–80)
  • Astonishing #7, 18, 24, 43, 57, 61 (1951–1957)
  • Avengers #23 (inker) (1965)
  • Battle #14, 26, 39, 45, 49, 53, 57–59 (1952–1958)
  • Battle Action #20, 22, 25, 27, 29 (1955–1957)
  • Battlefront #6, 10 (1952–1953)
  • Battle Ground #9 (1956)
  • Black Knight #4 (1955)
  • Captain America #114, 138–145, 148 (1969–1972)
  • Captain America vol. 3 #50 (among other artists) (2002)
  • Captain America Comics #76–78 (1954)
  • Caught #2 (1956)
  • Combat #3, 6 (1952)
  • Commando Adventures #2 (1957)
  • Cowboy Action #10 (1956)
  • Crime Cases Comics #7 (1951)
  • Crime Exposed #5 (1951)
  • Daredevil #12–19 (1966)
  • Daredevil vol. 2 #50, 100 (among other artists) (2003–2007)
  • Doctor Strange vol. 2 #7 (inker) (1975)
  • Droids #1–4 (1986)
  • Fantastic Four #103–106, 108 (1970–1971)
  • Frontier Western #7 (1957)
  • Gunsmoke Western #38 (1956)
  • The Incredible Hulk Annual #17 (1991)
  • Journey into Unknown Worlds #22 (1953)
  • Jungle Action #2–6 (1954–1955)
  • Justice #42 (1954)
  • Kid Colt Outlaw #70 (1957)
  • Kingpin #1 (1997)
  • Lorna, the Jungle Girl #17–26 (1956–1957)
  • Love Romances #35, 37 (1954)
  • Marines in Battle #3–4, 19 (1954–1957)
  • Marvel Romance Redux: But I Thought He Loved Me #1 (inker) (2006)
  • Marvel Romance Redux: Guys & Dolls #1 (inker) (2006)
  • Marvel Romance Redux: Love is a Four-Letter Word #1 (2006)
  • Marvel Tales #108 (1952)
  • Marvel Tales vol. 2 #81 (1977)
  • Marvel Treasury Special #2 ("Captain America's Bicentennial Battles") (inker) (1976)
  • Men's Adventures #22, 24, 28 (1953–1954)
  • Menace #3, 6, 8, 11 (1953–1954)
  • My Love #1–3, 14, 16 (1969–1972)
  • My Love Story #9 (1957)
  • My Own Romance #36, 40 (1954)
  • Mystery Tales #7, 37, 41 (1953–1956)
  • Mystic #11, 15, 23, 25 (1952–1953)
  • Navy Action #5 (1955)
  • Navy Combat #12 (1957)
  • Our Love Story #1–2, 5 (inker) (1969–1970)
  • Outlaw Kid #5 (1955)
  • Questprobe #1 (inker) (1984)
  • Ringo Kid #11 (1956)
  • Savage Tales (Femizons) #1 (1971)
  • Secret Story Romances #16, 18 (1955)
  • Sergio Aragonés Massacres Marvel #1 (inker) (1996)
  • Six-Gun Western #1, 4 (1957)
  • Spaceman #1 (1953)
  • The Spectacular Spider-Man #121, Annual #13 (1986–1993)
  • The Spectacular Spider-Man magazine #1–2 (1968)
  • Spellbound #13, 24, 26–28 (1953–1956)
  • Spider-Man #57 (penciller) (1995)
  • Spider-Man: The Mutant Agenda #0 (1994)
  • Spy Cases #5 (1951)
  • Stories of Romance #5, 11 (1956–1957)
  • Strange Tales #4, 35 (1951–1955)
  • Strange Tales of the Unusual #1 (1955)
  • Suspense #20, 25 (1952)
  • Tales of Suspense (Captain America) #76–77 (1966)
  • Tales to Astonish #67 (Giant Man); #77 (Hulk) (inker) (1965–1966)
  • The Tomb of Dracula magazine #2 (inker) (1979)
  • True Secrets #4, 13, 38 (1951–1956)
  • Two Gun Western #8 (inker) (1951)
  • Ultimate Spider-Man Super Special #1 (2002)
  • Uncanny Tales #10 (1953)
  • Uncanny X-Men #177 (inker) (1984)
  • Universe X: Spidey #1 (inker) (2001)
  • Untold Tales of Spider-Man #-1 (1997)
  • Vampire Tales #2 (1973)
  • War Action #10–11 (1953)
  • War Adventures #7, 9 (1952)
  • War Comics #10, 16, 20, 29, 40, 42 (1952–1956)
  • Web of Spider-Man #52 (inker) (1989)
  • Webspinners: Tales of Spider-Man #1 (1999)
  • Western Kid #1–17 (1954–1957)
  • Western Outlaws #1, 7, 11, 13–14 (1954–1956)
  • Western Outlaws and Sheriffs #70 (1951)
  • Wild Western #24 (1952)
  • World of Mystery #2 "(1956)
  • World of Suspense #5 (1956)
  • Young Men #24–28 (Captain America) (1953–1954)

企業間クロスオーバー編集

脚注編集

  1. ^ “Confidential Videotaped Deposition of John V. Romita”. Garden City, New York: United States District Court, Southern District of New York: "Marvel Worldwide, Inc., et al., vs. Lisa R. Kirby, et al.". (2010年10月21日). p. 45. https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0B_lZovnpi13JYTBiMmRlODctZGExOC00ZjgyLWEyNTAtZjQzNmI2ODEzMzI3&hl=en_US 
  2. ^ John Romita interview, conducted by former Marvel editor-in-chief Roy Thomas (2001年7月). “Fifty Years on the 'A' List”. Alter Ego (Raleigh, North Carolina: TwoMorrows Publishing) 3 (9): pp. 8–9 of print version. オリジナルの2010年2月1日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5nDrfbxRP?url=http://www.twomorrows.com/alterego/articles/09romita.html 
  3. ^ Romita interview, Alter Ego #9, p. 4
  4. ^ [1]
  5. ^ Romita interview, Alter Ego #9, p. 6
  6. ^ Spurlock, J. David, and John Romita. John Romita Sketchbook. Vanguard Productions: Lebanon, New Jersey 2002 1-887591-27-3 1-887591-29-X, p. 11
  7. ^ Romita interview, Alter Ego #9, p. 10; appears in print version only
  8. ^ Spurlock, p. 17
  9. ^ Lovece, Frank (2009年4月23日). “Bellerose artist created X-Men's Wolverine”. Newsday. オリジナルの2010年2月20日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5nfeLd17L?url=http://www.newsday.com/services/bellerose-artist-created-x-men-s-wolverine-1.1229097 
  10. ^ Miller, John Jackson (2005年6月10日). “Comics Industry Birthdays”. Comics Buyer's Guide. 2010年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月12日閲覧。
  11. ^ Romita interview, Alter Ego #9. Romita said when he first went to Marvel in the 1960s, "Somebody suggested I might use a phony name at Marvel — it must've been when I was doing work for both companies — and I wrote out 'John Victor,' for my two boys. Then I said, 'This is crazy. Who am I kidding? Everybody's going to know I'm doing it, so why use a phony name?'"

外部リンク編集