メインメニューを開く

アイズナー賞

アイズナー賞(アイズナーしょう)、正式名称ウィル・アイズナー漫画業界賞(ウィル・アイズナーまんがぎょうかいしょう、The Will Eisner Comic Industry Award)とはアメリカで最も権威ある漫画賞の一つで、「漫画のアカデミー賞」と呼ばれる。識者と業界人によって受賞作が選ばれるのが特徴。

目次

概要編集

アメリカの漫画のうち、創造的な作品に対して贈られる。1988年に、カービー賞の後継として創設された。名前は漫画家のウィル・アイズナーに因み、本人も2005年に死去するまで積極的に式典に参加していた。

「コミックの殿堂」も含めると、部門数は2007年開催時で39部門にも及ぶ。各部門は出版社および作家が選んだ作品の中から5名の委員のそれぞれによって作品がノミネートされ、最終的に業界人(出版社、作家、代理店、書店)による投票で決定される。受賞作は毎年、カリフォルニア州サン・ディエゴコミコン・インターナショナルで発表される。

歴史編集

Fantagraphics Books社によって1984年に創設されたカービー賞が前身である。1987年に同社の社員で賞の代表を務めていたDave Olbrichと社の間に意見の対立が生じ1988年にFantagraphics Books社はハーベイ賞を、Olbrichはアイズナー賞を創設した。創設された当初は11部門で委員会は置かれず、完全に業界人による投票制だった。

Olbrichが多忙になったため、1990年からはJackie Estradaが代表に着任。1992年から漫画に関し優れた知識を持つ5名の委員が年度ごとに選ばれ、ノミネートに関して決定権を持つように定められた。

日本の作品・漫画家の受賞歴編集

2010年現在、日本人の受賞は下記の通り。なお、米国外の漫画に関してはあくまで「英訳されたアメリカでの出版物」に対して贈られる。

最優秀ペインター/マルチメディアアーティスト(本編作画) (Best Painter/Multimedia Artist (interior art) )編集

最優秀カバーアーティスト(Best Cover Artist )編集

最優秀アーカイブプロジェクト(Best Archival Collection/Project)編集

最優秀ユーモア出版物(Best Humor Publication)編集

最優秀国際作品(Best U.S. Edition of International Material)編集

最優秀日本作品(Best U.S. Edition of International Material - Japan)編集

最優秀アジア作品(Best U.S. Edition of International Material - Asia)編集

最優秀彩色(Best Colorist/Coloring)編集

  • 1992 Akira,Marvel(『オールカラー国際版AKIRA』大友克洋、ただし彩色はアメリカのスタッフによるもの) 同賞第1回受賞作

最優秀実話作品(Best Reality-Based Work)編集

  • 2010 A Drifting Life(『劇画漂流』辰巳ヨシヒロ)

最優秀漫画関連書籍(Best Comics-Related Book)編集

漫画家の殿堂(The Will Eisner Award Hall of Fame)編集

コミックの殿堂とも翻訳される。

  • 2002 手塚治虫(審査員による選出)
  • 2004 小池一夫(審査員による選出)
  • 2004 小島剛夕(審査員による選出)
  • 2012 大友克洋
  • 2014 宮崎駿
  • 2018 高橋留美子

参考資料編集

外部リンク編集