メインメニューを開く

ジョージ・アシュモア・フィッチGeorge Ashmore Fitch1883年 - 1979年)は、中国蘇州市生まれのアメリカ人宣教師キリスト教青年会(YMCA)南京支部長。ハロルド・J・ティンパーリ中国国民党国際宣伝処顧問)編集『戦争とは何か』の共著者の1人。極東国際軍事裁判(東京裁判)には出廷せず、口述書のみを提出した。

略歴編集

1906年ウースター・カレッジで文学士号を得た後、ニューヨークユニオン神学校に入学。

1909年、中国のYMCA組織「上海青年会」で働く。

1932年(昭和7年)、上海天長節爆弾事件で、上海の日本人街の虹口公園で行われた祝賀式典会場に爆弾を投げて爆発させた尹奉吉を、自身の運転する自動車で会場まで送るなど中国・朝鮮における抗日・反日運動を支援した[1][2]

1937年12月の南京攻略戦時、日中両軍の戦闘による被害から一般市民を保護するため設置された南京安全区国際委員会の一員であった。

1938年2月末、 南京事件南京大虐殺)の模様を撮影したとされるフィルムを持って南京を脱出。アメリカ各地でこのフィルムの上映を行い、南京虐殺を宣伝した。

フィッチの妻は蒋介石の妻宋美齢と親しい友人であり、さらに中国軍は南京安全区内に高射砲陣地を設置したことに対する国際委員会の度重なる抗議にも退去しなかったがフィッチは蒋介石側に立って「唐生智将軍は安全地帯から軍隊と高射砲を一掃するという非常に困難な仕事に概して非常によく協力」と記している[3]

米国の新聞報道によると、フィッチは南京攻略戦の時、蒋介石に任命された、"the War Service Corps"[4](the War Area Service Corps[5])の顧問であった。また蒋介石の個人的な友人とされる[6]

1940年、フィッチは重慶で蒋介石軍への福祉活動を指導しており[7]蒋介石宋美齢と親しいとされる[8]

1941年、中国工業組合(Chinese industrial cooperatives)の相談役に任命される[5][9]。 また、報道によれば、フィッチの妻は"Courageous China"・"United China Relief Society"という団体との関係があるとされる[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 阿羅健一 2007
  2. ^ "The George Fitch family, supporters of Korean independence activists",The Korea Herald, June 27, 2016.
  3. ^ 東中野 2003, pp.260-261
  4. ^ "Witness Tells Nanking Horrors",Oakland Tribune, from Oakland, California, June 12, 1938.
  5. ^ a b "George A. Witch Dies; Worked for Y.M.CA. In China for Decades",The New York Times, Jan 23, 1979.
  6. ^ "Witness to Tell Of Nanking Siege",Oakland Tribune, from Oakland, California, June 2, 1938.
  7. ^ "How China Fights On" - About the Writer,The Sedalia Democrat, from Sedalia, Missouri, December 22, 1940.
  8. ^ "'Y' Leader Says U.S. Must Hold Philippines",Pittsburgh Post-Gazette, from Pittsburgh, October 11, 1940.
  9. ^ "American Will Aid China In Running Cooperatives",The New York Times, May 28, 1941.
  10. ^ "Noted Lecturer To Speak Before Guilds",News-Journal, from Mansfield, Ohio, September 17, 1941.

参考文献編集