ジョージ・カーネギー (ジャコバイト)

ジョージ・カーネギー英語: George Carnegie1726年11月18日1799年4月12日)は、スコットランド出身のジャコバイト、貿易商人。1745年ジャコバイト蜂起に参加した後、大陸ヨーロッパに逃亡、スウェーデンで20年ほど貿易商人を務めて財を成したのち帰国した[1]カーネギー投資銀行英語版の前身にあたる貿易会社D・カーネギー社(D. Carnegie & eo.)を創設したデイヴィッド・カーネギーの父[2]

生涯編集

第2代準男爵サー・ジョン・カーネギーと妻メアリー(Mary、旧姓バーネット(Burnett)、1754年6月5日没、第3代準男爵サー・トマス・バーネット英語版の次女)の六男として[1]、1726年11月18日にスコットランドで生まれ[3]、19日に洗礼を受けた[1]

家庭教師から商業について学んでいたが、1745年ジャコバイト蜂起の勃発により中断した[3]プレストンパンズの戦い英語版の後、カーネギーはジャコバイトとしてホリールード英語版チャールズ若僭王と合流、若僭王がイングランドに進軍したときも彼に従った[1]。1746年のカロデンの戦いに参戦した後[注釈 1]大陸ヨーロッパに逃亡したのち、ジェームズ・カーネギー・アーバスノット(James Carnegie Arbuthnott)とともに小舟で海に出て、スウェーデン行きの船に拾われた[1]

カーネギーはヨーテボリで船を降り、そこで商人を生業として過ごした[1]。最初はスウェーデン人に雇われる形で働いたが、1750年代初期に独立し、1758年にヨーテボリで商業活動を行うための市民権スウェーデン語版を取得した[3]。カーネギーの貿易活動は主にイングランドとの貿易であり、イングランドに錬鉄や木材を輸出して、イングランドから大麦バター歴青炭を仕入れたほか、バルト地方からライ麦、麻くずを輸入した[3]

ヨーテボリに20年間ほど滞在して財を成したのち、カーネギーは帰国して、1767年1月に兄ジェームズの息子にあたる第4代準男爵サー・デイヴィッド・カーネギーからピッタロー(Pittarrow)の領地を購入した[1]。ほかにもチャールトン(Charleton)の領地を購入した[1]。(ただし、1769年に帰国したとする文献もある[3]。)

1799年4月12日にチャールトンで死去、キンナバー(Kinnaber)で埋葬された[1]。息子ジョンが遺産を継承した[1]

家族編集

1769年3月17日、スーザン・スコット(Susan Scott、1821年4月14日没、デイヴィッド・スコットの長女)と結婚、6男3女をもうけた[1]

  • ジョン - メアリー・フラートン(Mary Fullerton)と結婚して、長男ジョージなどの子供をもうけた[1]。この結婚によりキンナバー(Kinnaber)の継承した[1]。ピッタローやキンナバーなどの領地はこのジョンを通じてジョージが継承したが、ジョージはこれらの領地を売却した[1]
  • デイヴィッド(1772年2月8日 モントローズ英語版 – 1837年1月10日[2]) - 1786年にヨーテボリに送られ、父の会社で商人としての教育を受けた[2]。1803年に貿易会社であるD・カーネギー社(D. Carnegie & eo.、現カーネギー投資銀行英語版)を設立した[2]。1801年にアン・クリスチャン・ベックマン(Anne Christian Beckman)と結婚、1女スーザン・メアリー・アン(Susan Mary Anne)をもうけた[1]。スーザン・メアリー・アンは1845年に叔父ジェームズの息子デイヴィッド(1813年5月3日 – 1890年2月15日[4])と結婚して、1男1女をもうけた[1]
  • ジェームズ(1773年1月7日 – ?) - 1801年12月、マーガレット・ガレスピー(Margaret Gillespie、ジョン・ガレスピーの娘)と結婚、3男をもうけたが、うち1男が夭折、1男ジェームズは子供のないまま死去した[1]

注釈編集

  1. ^ カロデンの戦いでは長兄にあたる第3代準男爵サー・ジェームズ・カーネギーが政府軍の一員として参戦している[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Paul, James Balfour, Sir, ed. (1911). The Scots Peerage (英語). VIII. Edinburgh: David Douglas. pp. 81–83.
  2. ^ a b c d "Carnegie, David, d. ä.". Svenska män och kvinnor (スウェーデン語). 2. Stockholm: Albert Bonniers Förlag. 1944. p. 43.
  3. ^ a b c d e "Carnegie, George". Svenska män och kvinnor (スウェーデン語). 2. Stockholm: Albert Bonniers Förlag. 1944. pp. 42–43.
  4. ^ "Carnegie, David, d. y.". Svenska män och kvinnor (スウェーデン語). 2. Stockholm: Albert Bonniers Förlag. 1944. p. 43.