メインメニューを開く
ジョージ・ジョーンズ

ジョージ・ジョーンズ(George Jones、1786年1月6日 - 1869年9月19日)はイギリスの画家である。ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの学芸員を務めた。軍事に関する絵画を描いたことで知られる。

略歴編集

ロンドンの木版画家、ジョン・ジョーンズの息子に生まれた。15歳になった1801年にアカデミーの美術学校で学び始め、1803年にアカデミーの展覧会に始めて出展した。その後8年間、出展する常連となった。ナポレオン戦争に士官として参加した[1]。軍歴には諸説あるが、後にジョーンズがその戦闘場面を描くことになる1815年のワーテルローの戦いの後、パリを占領した陸軍の部隊に参加していたと考えられている[2] His obituary [3]

戦争が終わった後、画家の仕事に戻り、軍事に関する絵画で賞を得た。1822年にアカデミーの準会員に選ばれ、1824年に正会員に選ばれた。アカデミーの司書を務め、1840年から1850年の間、学芸員(キーパー)を務めた。有名な画家、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーやその友人の版画家、チャールズ・ターナーの友人であり、J.W.M.ターナーの回顧録やギャラリーのターナーの作品リストを作った。2人のターナーに比べれば無名な画家で、ロンドンの元住居に業績を顕彰するブルー・プラークは飾られていない。

ワーテルローの戦いを描くのを好み、アカデミーには5点以上の作品を展示し、大英研究所には6点を展示し、「ワーテルロー・ジョーンズ」の仇名で呼ばれた[4]。そのほかには半島戦争や1853年からのクリミア戦争の場面も描いた。

作品編集

脚注編集

  1. ^ A List of the Officers of the Militia of the United Kingdom. War Office, 1 June 1812, page 48
  2. ^ Hichberger, 1983, page 14.
  3. ^ The Art Journal Vol. VIII (1869), page 336
  4. ^ The Battle of Waterloo...By a Near Observer (London: John Booth, 1817).

参考文献編集

  • Lee, Sidney, ed. (1892). "Jones, George (1786-1869)" . Dictionary of National Biography (in English). 30. London: Smith, Elder & Co. p. 102–3.