ジョージ・レオナード・スタントン

初代准男爵ジョージ・レオナード・スタントン(Sir George Leonard Staunton, 1st Baronet, 1737年4月10日 - 1801年1月14日)は、アイルランド生まれのイギリス東インド会社の役人である。への外交団の公式記録をまとめた。

レオナード・スタントン

略歴編集

アイルランド西部のゴールウェイ県Carginsで生まれた。フランストゥールーズイエズス会の学校で学んだ後、モンペリエ大学で医学を学んだ。東インド会社に医師として雇われた後、法務に転じ、1779年にグレナダで法務長官に任じられた。生涯親しく付き合うこととなるグレナダ総督マカートニー伯爵に従って、1784年に南インドのマイソール王国ティプー・スルターンとの和平交渉団の一員に加わってインドを訪れた。1785年10月にアイルランドの准男爵に叙せられた[1]

1787年に王立協会フェローに選ばれた[2]

1793年にマカートニー伯爵が率いるとの外交団の事務長に任じられ、マカートニー外交団は通商の面では中国の譲歩を得ることができなかったが、多くの中国に関する情報を得ることができた点で評価されている。帰国後、スタントンが公式報告書の編集者となり、マカートニー伯爵や、中国までの航海を指揮したエラズマス・ガウワー (Sir Erasmus Gower) の論文を編集した。王立協会会長のジョゼフ・バンクスが、図版の選択と製作の手配を行った[3]

1881年にロンドンで没した。第2代准男爵を継いだジョージ・スタントン (Sir George Staunton, 2nd Baronet) は、12歳の時に父の清国派遣に同行し、後に東洋学者となった。

著書の画像編集

オランダ語訳された An authentic account of an embassy from the King of Great Britain to the Emperor of China の図版

参考文献編集

  1. ^ "No. 12699". The London Gazette (英語). 12 November 1785. p. 522.
  2. ^ Library and Archive Catalogue”. Royal Society. 2010年10月21日閲覧。
  3. ^ Banks, Joseph. Papers of Sir Joseph Banks; Section 12: Lord Macartney’s embassy to China; Series 62: Papers concerning publication of the account of Lord Macartney's Embassy to China, ca 1797. [State Library of New South Wales.]