ジョーン・フィールド

ジョーン・フィールドJoan Field1915年4月28日 - 1988年3月18日[1][2]は、アメリカヴァイオリン奏者

ニュージャージー州ロングブランチの生まれ。 5歳からヴァイオリンを始め、フランツ・クナイゼル、アルバート・スポールディング、ミシェル・ピアストロらに師事。その後、パリ音楽院ではマルセル・シャイエのクラスに入り、ジャック・ティボーやジョルジェ・エネスクらの指導も受けた。

1934年にニューヨークのタウン・ホールでデビューを飾り、アメリカ各地のオーケストラに客演を果たした。 1937年にはホワイトハウスルーズベルト大統領臨席によるリサイタルを成功させている。 また、第二次世界大戦中のバレエ・リュス・ド・モンテカルロのアメリカ公演ではコンサートミストレスを務めた。

1965年に演奏活動から引退し、フロリダ州マイアミビーチで没。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ American Violinist Joan Field Died On This Day in 1988”. 2020年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月31日閲覧。
  2. ^ アーカイブ 2012年4月3日 - ウェイバックマシン