メインメニューを開く

ジル・ブラルタール』(原題 : Gil Braltar )は、1887年に発表されたジュール・ヴェルヌの短編風刺小説。

ジル・ブラルタール
Gil Braltar by Jules Verne.jpg
著者 ジュール・ヴェルヌ
イラスト ジョルジュ・ルー (George Roux)
発行元 ピエール=ジュール・エッツェル (Pierre-Jules Hetzel)
ジャンル 風刺小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
形態 文学作品
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

ジブラルタルが舞台の短編小説で、1887年1月2日の "Le Petit journal" 紙に掲載され、同年に刊行された『フランスへの道』に収録された。当時のフランス側のイギリスに対する見解が随所に散りばめられている、諷刺を交えた作品になっている。

ある日の夜突然、轟音に包まれるブラルタールの街で、襲撃に対抗するマカックメール将軍の一行と襲撃者とのやりとりが、ユーモアを交えて描かれる。

登場人物編集

  • ジル・ブラルタール (Gil Braltar) - ジブラルタルをイギリスから奪還しようとするスペイン人。
  • マカックメール将軍 (Général Mac Kackmale) - ジブラルタルに駐屯するイギリスの将軍。

外部リンク編集