スイス文学(Swiss literature)は、スイス人による文学である。狭義ではスイス固有の言語であるロマンシュ語による文学を指すが、広義では、多言語国家であるスイスで使用されている、ドイツ語フランス語イタリア語などによる文学を含む。スイスの文学作品として、作家ヨハンナ・シュピリによる「アルプスの少女ハイジ」などは特に著名であり、特筆に値する。

元のスイス連邦は、1291年の設立から1798年まで、フランス語を話す地区は現在のフリブール州でわずかしかいなかったため、ドイツ語が支配的であった。その期間中、スイスのヴァナキュラー文学はドイツ語であったが、18世紀には、ベルンやその他の場所でフランス語が流行。当時、ジュネーブローザンヌはまだスイスでなく、スイスから見てジュネーブは同盟国であり、ヴォーは対象国だった。フランス語を話す地域では、スイスのカントンとして完全な地位を獲得した1815年以降まで、フランス語圏では実際にはスイス文学の執筆が始まっていない。さらにイタリア語とロマンシュ語-ラディン語のブランチはあまり目立たない。

ドイツ語圏編集

ヴァナキュラー文学の出現編集

18世紀編集

19世紀編集

20世紀編集

歴史家編集

フランス語圏編集

イタリア語圏編集

ロマンシュ語圏編集

統計学編集

関連項目編集

出典編集

参考文献編集

  • von Matt, Peter (2012), Das Kalb vor der Gotthardpost. Zur Literatur und Politik in der Schweiz, München: Carl Hanser Verlag, ISBN 978-3-446-23880-0 
  • Liver, Ricarda (1999) (ドイツ語), Rätoromanisch – Eine Einführung in das Bündnerromanische, Tübingen: Gunter Narr, ISBN 3-8233-4973-2 

外部リンク編集