メインメニューを開く

アルプスの少女ハイジ』(アルプスのしょうじょハイジ、Heidi)は、スイスの作家ヨハンナ・シュピリ(又はスピリ)の児童文学作品である。1880年から1881年に執筆された。原題は『Heidis Lehr- und Wanderjahre』(ハイジの修行時代と遍歴時代、1880年出版)[1]及び『Heidi kann brauchen, was es gelernt hat』(ハイジは習ったことを使うことができる、1881年出版)である。

アルプスの少女ハイジ
Heidi Titel.jpg
著者 ヨハンナ・シュピリ
発行日 1880年1881年
ジャンル 児童文学
スイス
言語 スイスドイツ語
形態 ハードカバーペーパーバック
次作 Heidi Grows Up(1938) 『それからのハイジ』
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ドイツの文豪ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』及び続編の『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』からその着想を採られたもので、教養小説(成長小説)としての色彩を持ったものである。キリスト教信仰に基づく描写が多く見られる。作者も属するドイツ語圏スイスのデルフリ村(マイエンフェルト付近の架空の村。イェニンス村がモデル)が舞台となっており、中盤にはゲーテの生地でもあるフランクフルトに舞台が移る。

日本語訳編集

日本語訳の版本は過去様々なタイトルで100種類以上出版された。以下はその一部(抄訳も含む)。

映像化作品編集

アニメ編集

テレビシリーズとしては、ズイヨー映像の作品が有名だが、アニメ作品はほかにもいくつか存在する。以下はその一部である。

実写編集

舞台化作品編集

宝塚少女歌劇団編集

他の作者による「ハイジ」の続編編集

ヨハンナ・シュピリ自身は、「アルプスの少女ハイジ」の続編などは執筆していないが、他の作者による続編が公開されている。いずれも公式な作品というわけではなく、作者が異なれば、続編間の関連性も無い。

  • シャルル・トリッテン『それからのハイジ』(各務三郎 訳 ブッキング 2003年8月)
    ハイジは、クララの勧めによってローザンヌの寄宿学校へ入学する。卒業したハイジはアルプスに戻り学校の先生となる。
  • シャルル・トリッテン『ハイジのこどもたち』(各務三郎 訳 ブッキング 2003年8月)
    『それからのハイジ』の続編。ハイジとペーターは結婚してアルムの村で暮らしていた。ローザンヌの寄宿学校時代の親友の妹マルタは、祖母を亡くしたおりに心を閉ざしていた。ハイジはマルタを引き取って育てる。やがて、マルタも次第に心を開いていく。
  • フレッド・ブローガー&マーク・ブローガー『ハイジの青春 アルプスを越えて』(堀内静子 訳 早川書房 1990年8月)
    ("Courage Mountain"として映画化(邦題『チャーリー・シーンのアルプスを越えて』))
    14歳になったハイジは、アルプスを離れ、イタリアの寄宿学校へ行く。しかし、戦争が始まり寄宿学校は軍に接収され、ハイジたちは工場で酷使される。ハイジたちは脱走し、アルプスへと向かう。
  • 石川淳「アルプスの少女」(『おとしばなし集』所収 集英社 1952年11月)
    『戦後短篇小説再発見〈10〉表現の冒険』(講談社文芸文庫 2002年3月)に再録
    戦争が起こり、ペーターは兵士となる。平和が戻ったとき、ペーターとクララは再会しアルムに向かう。

類似が指摘される作品編集

2010年、ドイツの文学研究者ペーター・ビュトナー(Peter Büttner)により、この作品が1830年にドイツの作家、ヘルマン・アーダム・フォン・カンプが発表した作品「アルプス山地の少女アデライーデ(Adelaide - das Mädchen vom Alpengebirge)」に類似していることが指摘され、本作の下敷きとなった可能性が高いとした。この指摘にはスイスの新聞が「ハイジは盗作だった」と報じるなど波紋を広げた。ビュトナー自身は「私は盗作とは言わない。シェークスピアやゲーテも同じことをやっている」と話している[9][10][11]

脚注編集

  1. ^ フランクフルトからデルフリ村に戻ったハイジが祖父と再開し、ハイジの説得で祖父が永年拒んできた日曜礼拝に参加するまでを描く。
  2. ^ 「初公開!パイロット・フィルム いま見せる作品に賭けた熱き胸」『アニメージュ』1981年12月号、徳間書店
  3. ^ リスト制作委員会『アニメージュ アニメポケットデータ2000』徳間書店、2000年、p.122
  4. ^ 『アニメポケットデータ2000』p.102
  5. ^ 「もし、ハイジとクララが現代の高校生だったら...」大人気CMシリーズ第二弾,ORICON NEWS,2017年9月14日
  6. ^ "Heidi" (1974) TV mini-series Internet Movie Database
  7. ^ 増山久明編著 『NHK少年ドラマシリーズのすべて』アスキー、2001年、p.104
  8. ^ Heidi (TV 1993) Internet Movie Database
  9. ^ “「アルプスの少女ハイジ」に盗作?疑惑”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年4月13日). オリジナルの2010年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100416000645/http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20100413-OYT1T00477.html 2019年6月15日閲覧。 
  10. ^ “ハイジ:盗作だった? 愛称や筋書き、出版50年前の作品酷似 独の研究者指摘”. 毎日.jp. 共同通信社 (毎日新聞社). (2010年4月13日). オリジナルの2010年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100415071418/http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100413dde041040025000c.html 2019年6月15日閲覧。 
  11. ^ “Ur-Heidi aus dem Ruhrpott Ist Johanna Spyris Alpengeschichte geklaut?”. 3sat.online (3sat). (2010年4月7日). http://www.3sat.de/dynamic/sitegen/bin/sitegen.php?tab=2&source=/kulturzeit/themen/143450/index.html 2010年4月13日閲覧。 [リンク切れ]

関連項目編集

外部リンク編集