メインメニューを開く

スカムポン・スワナタット

スカムポン・スワナタット、2012年撮影。

スカムポン・スワナタットタイ語: สุกำพล สุวรรณทัตローマ字表記: Sukamphon Suwannathat、1951年8月17日 - )は、タイ王国軍人、退役空軍大将であり、政治家でもある。

タイ士官候補生学校に学び、タクシン・チナワット(後の首相)と同期生となった後、タイ空軍士官学校を卒業して空軍軍人となる[1]。その後、空軍司令官補まで昇進したが、2006年タイ軍事クーデターでタクシン政権が倒れると、閑職に追われた[1]

2011年7月の総選挙の結果を受けて、タクシンの妹インラック・シナワトラが首相に就くと、非議員、元軍人として入閣し[2]2011年8月から2012年1月まで運輸大臣を務め、その後2013年6月まで国防大臣を務めた[3]

脚注編集

  1. ^ a b タイの内閣改造、米ブラックリストの女性入閣”. NECOS (Thailand) Co., Ltd. (2012年1月19日). 2012年3月19日閲覧。
  2. ^ 藤谷健「タイ総選挙の分析」『海外投融資』9月、海外投融資情報財団、2011年、 29-33頁、2012年3月19日閲覧。
  3. ^ Assembly LX”. The secretariat of the Cabinet. 2012年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月19日閲覧。