スクリーンキャスト

スクリーンキャスト (screencast) は、コンピュータスクリーンを録画ツールを使って録画したもの。音声を伴うこともある。「スクリーンキャスト」という用語自体は 2004 年にコラムニストの Jon Udell によって造語されたものだが、Lotus ScreenCam などの録画ツールは 1993 年から使われていた。

スクリーンショットがユーザのパソコン画面の写真であるのに対して、スクリーンキャストはユーザのパソコン画面の動画であると言える。

スクリーンキャストには、ソフトウェアの機能のデモンストレーションやプレゼンテーション、ユーザによるソフトウェアのバグ報告などの用途がある。

スクリーンキャスティングソフト編集

クロスプラットフォーム編集

Linux のみ編集

Mac のみ編集

Windows のみ編集

関連項目編集