スシャント・シン・ラージプート

スシャント・シン・ラージプート(Sushant Singh Rajput、1986年1月21日[1] - 2020年6月14日[2])は、インド俳優。2008年にテレビシリーズ『Kis Desh Mein Hai Meraa Dil』で俳優デビューし、2013年に『Kai Po Che!』で映画デビューした。2020年に自宅で首を吊った状態で発見され、死亡が確認された[3][4]

スシャント・シン・ラージプート
Sushant Singh Rajput
Sushant Singh Rajput
スシャント・シン・ラージプート(2013年)
生年月日 (1986-01-21) 1986年1月21日
没年月日 (2020-06-14) 2020年6月14日(34歳没)
出生地 インドの旗 インド ビハール州パトナ
死没地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイバンドラ英語版
職業 俳優
活動期間 2008年-2020年
テンプレートを表示

生涯編集

生い立ち編集

 
スシャント・シン・ラージプートとシェーカル・カプール(2017年)

クリシュナ・クマール・シンとウーシャ・シンの息子としてパトナに生まれる[5][6]。先祖はビハール州プルニア県英語版の出身だった[7][8]。姉妹の一人であるミトゥー・シンはクリケット選手として活動している[5][9]。2002年に母と死別し、同年に家族はデリーに移住した[10][5]。スシャントはパトナの聖カレン高等学校英語版ニューデリークラチ・ハンスラージ・モデルスクール英語版で教育を受けた[11]。彼によると2003年に受験したデリー工科大学英語版の入学試験に第7位の成績で合格し[12]、工学クラスに進学した[5]。また、国際物理オリンピックで優勝した経験がある[13]。最終的にインド工科大学ダンバード校英語版を含む11の大学の工学部試験に合格している[5]。しかし、在学中に演劇とダンスに興味を持ち学業に時間を割くことができず、4年課程を3年で終了させた[12][5]

在学中にスシャントはシアマク・ダヴァル英語版のダンスクラスに参加した[14]。彼はダンスクラスに参加していた数人の友人が演技にも興味を持ち、バリー・ジョン英語版の演劇クラスに参加していたことをきっかけに俳優のキャリアに進むことを希望するようになった。やがてスシャントも友人たちと共に演劇クラスに参加するようになり、この時の経験を「私は自由になる経験を見付けたのです。私は観客とコミュニケーションできることに気付き、これを永遠のものにしたいと望んだのです」と語っている[15]。数か月後にはダヴァルのダンスチームのレギュラーメンバーに抜擢され、2005年に第51回フィルムフェア賞英語版のバックグラウンド・ダンサーの一員に抜擢された。2006年コモンウェルスゲームズでは開会式の文化プログラムに参加するチームに一員としてオーストラリアを訪れている。この時点でスシャントは工学クラスでの勉学に興味を失っており、高額クラスを退学してダンスクラスと演劇クラスでの活動に専念するようになった[12]。彼は映画業界での成功を夢見てムンバイに移住し、ナディラ・バッバル英語版のエクジュテー劇場の団員として2年半活動した[14]。この間にネスレ・ムンクのテレビコマーシャルで注目を浴び、インド全土で知名度を上げた[16]

キャリア編集

2008年 - 2011年編集

 
スシャント・シン・ラージプートとアンキター・ローカンデー(2013年)

2008年、バラージ・テレフィルムズ英語版のキャスティングチームはエクジュテー劇場の舞台に出演していたスシャントを見て、彼の個性と演技の才能を見出した[16]。チームはスシャントを『Kis Desh Mein Hai Meraa Dil』のオーディションに招き、プリート役に起用した[17]。プリートはシリーズの早い段階で死亡するが、視聴者人気が高かったため最終話で「死後の精神」という形で再登場している[18]。2009年に『Pavitra Rishta』で主演に起用され、家族を支えるためメカニックとして働く青年マナーヴ・デーシュムク役を演じた。同作での演技は高く評価され、スシャントは3つのテレビ賞を受賞した[16]。これにより俳優としての人気を得たスシャントは映画業界に進出する足掛かりを得た[19]。当初、ジー・テレビ英語版はスシャントを『Pavitra Rishta』に起用することに難色を示していたが、プロデューサーのエクター・カプール英語版の説得により起用が実現した[20]。また、『Pavitra Rishta』出演をきっかけに共演者のアンキター・ローカンデーと交際を始めたが[21]、2016年に破局が報じられている[22][23]

2010年5月からはダンス・リアリティー番組『Zara Nachke Dikha』第2シーズンに出演した[24]。スシャントは『Pavitra Rishta』で俳優としての実績を得ていたが、さらにダンサーとしての実績と指導力を証明する機会を求めており、同時期に『Pavitra Rishta』『Zara Nachke Dikha』の両方に出演していた[24]。『Zara Nachke Dikha』の母の日特別エピソードでは、2002年に死別したスシャントの母のためにダンスが捧げられている[25]。同年12月にはダンス・リアリティー番組『Jhalak Dikhhla Jaa』第4シーズンに出演し、振付師シャムパ・ソンタリアとペアを組んだ[26]。2011年10月に海外で映画製作を学ぶために『Pavitra Rishta』を降板し、マナーヴ役はヒテン・テージワーニー英語版が引き継いだ[27]

2013年 - 2020年編集

スシャント・シン・ラージプートとヴァーニー・カプール(2013年)
スシャント・シン・ラージプートとクリティ・サノン(2017年)

スシャントはアビシェーク・カプール英語版の『Kai Po Che!』のオーディションに参加し、ラージクマール・ラーオ英語版アミット・サダー英語版と共に主要キャストに起用された。同作はチェタン・バーガット英語版の小説『The 3 Mistakes of My Life』を原作としており、2013年2月に公開され批評面・興行面で成功を収めた。クリケット選手イシャーン・バット役のスシャントの演技も高い評価を受け[28]ラジーヴ・マサンドは「目を離せない彼の名は、イシャーン役でデビューしたスシャント・シン・ラージプートです。彼は言葉では言い表せない存在であり、その自信と歴然たる魅力からスターが誕生したことは明白となっています」と批評している[29]。同年9月にマニーシュ・シャルマ英語版の『Shuddh Desi Romance』でヴァーニー・カプールパリニーティ・チョープラー英語版と共演した。スシャントの演技について、ボリウッド・ハンガマタラン・アダルシュは「最初のヒンディー語映画で素晴らしい印象を残したスシャント・シン・ラージプート……彼の気取らない自然な演技は多くの新鮮さをもたらした」[30]Rediff.comのスカニヤ・ヴェルマは「『Kai Po Che!』でダイナミックなデビューを遂げた後、ラージプートは豊富なエネルギーを駆使して、感情をそのまま口にする子供らしい無邪気さを伝えてきます」と批評している[31]。2014年にラージクマール・ヒラーニの『PK』でアーミル・カーンアヌシュカ・シャルマと共演した。同作は興行的な成功を収め、インド映画歴代興行成績上位作品の一つとなった[32][33]

2015年にディバカル・バネルジー英語版の『Detective Byomkesh Bakshy!』で主人公ビョームケーシュ・バクシー英語版役に起用された。同作は1940年代のコルカタを舞台としており[34]、4月3日に公開された[35][36]。2016年にニーラジ・パーンデー英語版の『M.S.ドーニー 〜語られざる物語〜英語版』で主人公マヘンドラ・シン・ドーニ役に起用された。同作は興行的な成功を収め、2016年公開のボリウッド映画興行成績上位作品の一つとなった。スシャントは演技を高く評価され[37][38]フィルムフェア賞 最優秀主演男優賞英語版にノミネートされた[39]。2017年にディネーシュ・ヴィジャン英語版の『Raabta』でクリティ・サノンと共演した[40][41]。2018年に2013年北インド洪水英語版を題材にした『Kedarnath』でサーラー・アリー・カーンと共演し[42]、スシャントはカシミールの青年マンスール・カーン役を演じている[43]。2019年3月にアビシェーク・チョーベー英語版の『Sonchiriya』でブーミー・ペードネーカルと共演した[44][45]。同年9月にはニテーシュ・ティワーリーの『きっと、またあえる』でシュラッダー・カプールと共演し、同年11月にはNetflix配信の『DRIVE/ドライヴ英語版』でジャクリーン・フェルナンデスと共演している[46]。2020年には『きっと、星のせいじゃない。』をリメイクしたムケーシュ・チャブラ英語版の『Dil Bechara』でサンジャナ・サンギ、サイーフ・アリー・カーンと共演した。同作は5月公開予定だったが、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い7月に公開が延期された[47]

死去編集

2020年6月14日、ムンバイ・バンドラ英語版の自宅で首を吊った状態で発見され、死亡が確認された。ムンバイ市警察英語版の発表によると、自宅から遺書は発見されなかった[48]。スシャントの急死に際してナレンドラ・モディラーフル・ガンディーアクシャイ・クマールプリヤンカー・チョープラーなどの著名人が弔意を表明している[49]

フィルモグラフィー編集

映画編集

 
スシャント・シン・ラージプート(2016年)

テレビ編集

ミュージックビデオ編集

  • Paas Aao(2017年)[63]

受賞歴編集

受賞年 部門 作品名 結果 出典
2009 インディアン・テリー・アワード英語版 最優秀大衆男優賞 Pavitra Rishta ノミネート [64]
2010 インド・テレビジョン・アカデミー賞英語版 最優秀大衆男優賞 受賞 [65]
ビッグスター・エンターテインメント・アワード英語版 最優秀テレビ男優賞 [65]
ゴールド・アワード英語版 最優秀主演男優賞英語版 [65]
2011 [66][67]
カラカール・アワード英語版 最優秀大衆男優賞
2014 プロデューサーズ・ギルド・フィルム・アワード英語版 最優秀新人男優賞英語版 Kai Po Che!
最優秀主演男優賞英語版 ノミネート [68]
スター・スクリーン・アワード 最優秀新人男優賞英語版 受賞 [69]
ジー・シネ・アワード 最優秀新人男優賞英語版 ノミネート [70]
フィルムフェア賞 最優秀新人男優賞英語版
国際インド映画アカデミー賞英語版 最優秀主演男優賞 [71]
2017 スター・スクリーン・アワード 批評家選出最優秀主演男優賞 M.S.ドーニー 〜語られざる物語〜 受賞
フィルムフェア賞 最優秀主演男優賞英語版 ノミネート
ジー・シネ・アワード 最優秀主演男優賞 [72]
スターダスト・アワード英語版 最優秀主演男優賞 [73]
国際インド映画アカデミー賞 最優秀主演男優賞 [74]
インディアン・フィルム・フェスティバル・メルボルン 最優秀主演男優賞 受賞 [75]

出典編集

  1. ^ Shruti Shiksha (2018年1月21日). “'Happy Birthday, Sushant Singh Rajput. Keep That Childlike Smile Always Alive,' Tweets Kriti Sanon”. NDTV. 2018年12月6日閲覧。
  2. ^ Sushant Singh Rajput dies by suicide at 34 in Mumbai”. India Today (2020年6月14日). 2020年6月14日閲覧。
  3. ^ Kark, Tripti (2020年6月15日). “Nation mourns its young, bright star Sushant Singh Rajput; shocked Bollywood tweets” (英語). www.indiatvnews.com. 2020年7月6日閲覧。
  4. ^ Bhati, Taru (2020年6月28日). “Sushant Singh Rajput Suicide Case Update: Mumbai Police Interrogates 27 People, To Question Dil Bechara co-star Sanjana Sanghi on Monday”. India.com. 2020年7月6日閲覧。 “Actor Sushant Singh Rajput committed suicide at his Bandra residence on June 14.”
  5. ^ a b c d e f Gupta, Priya (2013年1月20日). “Madhuri wanted to learn dance from me: Sushant”. The Times of India. 2016年7月7日閲覧。
  6. ^ Singh, Prashant (2016年1月21日). “I am proud of all my mistakes: Sushant Singh Rajput”. Hindustan Times. 2020年6月14日閲覧。
  7. ^ My Bihar, my Chhath”. www.telegraphindia.com. 2019年12月23日閲覧。
  8. ^ “Sushant Visits Hometown After 17 Years To Fulfill His Late Mother's Wish, Gets A Warm Welcome” (英語). indiatimes.com. (2019年5月14日). https://www.indiatimes.com/entertainment/celebs/sushant-singh-rajput-visits-hometown-after-17-years-to-fulfill-his-late-mother-s-wish-gets-a-warm-welcome-367229.html 2019年10月15日閲覧。 
  9. ^ Subhash K Jha (2013年2月26日). “Sushant's Singh Rajput sister inspires him”. DNA. 2016年7月7日閲覧。
  10. ^ I am proud of all my mistakes: Sushant Singh Rajput” (2016年1月21日). 2017年10月14日閲覧。
  11. ^ I am a selfish actor: Sushant Singh Rajput” (2016年9月18日). 2019年12月23日閲覧。
  12. ^ a b c Did you know that Sushant Singh Rajput scored an All India Rank of 7 in DCE engineering exams in 2003?”. The Times of India (2019年1月23日). 2019年9月4日閲覧。
  13. ^ Kaur, Aastha (2017年8月18日). “Converting dreams into reality”. 2019年12月23日閲覧。
  14. ^ a b Madhuri wanted to learn dance from me: Sushant – Times of India”. The Times of India. 2019年12月23日閲覧。
  15. ^ Anuradha Choudhary (2013年6月14日). “"I want to be on the cover of Filmfare" – Sushant Singh Rajput”. Filmfare.com. 2016年7月7日閲覧。
  16. ^ a b c Gone too soon! Sushant Singh Rajput's journey from TV to Bollywood”. Mid Day. 2020年7月10日閲覧。
  17. ^ Birthday Exclusive: Sushant Singh Rajput turns 28!”. Deccan Chronicle. 2020年7月10日閲覧。
  18. ^ 5 Things You Didn't Know About Sushant Singh Rajput!”. The Quint. 2020年7月10日閲覧。
  19. ^ Ex couple Sushant Singh Rajput and Ankita Lokhande's Pavitra Rishta is back on TV screen”. The Times of India. 2020年7月10日閲覧。
  20. ^ Sushant Singh Rajput 'didn't look the part' for Pavitra Rishta, Ekta Kapoor convinced channel his smile would win a million hearts”. Hindustan Times. 2020年7月10日閲覧。
  21. ^ When Sushant Singh Rajput proposed marriage to Ankita Lokhande on Jhalak Dikhhla Jaa 4 - Times of India”. The Times of India. 2020年7月11日閲覧。
  22. ^ “Is this why Sushant Singh Rajput and Ankita Lokhande reportedly broke up? – Sushant Singh Rajput and Ankita Lokhande's relationship”. The Times of India. https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/photo-features/bollywood-celebs-who-should-tie-the-knot/Is-this-why-Sushant-Singh-Rajput-and-Ankita-Lokhande-reportedly-broke-up/photostory/52108456.cms# 2020年3月25日閲覧。 
  23. ^ “Ankita Lokhande on ex-boyfriend Sushant Singh Rajput: He has always been good to me” (英語). India Today. (2019年1月17日). https://www.indiatoday.in/movies/gossip/story/ankita-lokhande-on-ex-boyfriend-sushant-singh-rajput-he-has-always-been-good-to-me-1432727-2019-01-17 2020年3月25日閲覧。 
  24. ^ a b Sushant Singh Rajput's TV career: Pavitra Rishta to Kis Desh Mein Hai Meraa Dil”. India Today. 2020年7月10日閲覧。
  25. ^ Bollywood Hungama. “Mother's Day Special On 'Zara Nachke Dikha' – Abhishek Awasthi – Latest Celebrity Videos – Bollywood Hungama”. Bollywood Hungama. 2020年7月10日閲覧。
  26. ^ Gaurav Malani (2011年3月9日). “Chang wins Jhalak Dikhhla Jaa 4”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-03-09/tv/28667826_1_grand-finale-prize-money-dance 2012年8月25日閲覧。 
  27. ^ Hiten Tejwan to replace Sushant Singh Rajput in 'Pavitra Rishta '”. Daily News and Analysis. 2020年7月10日閲覧。
  28. ^ Taran Adarsh (2013年2月27日). “Hit Che!”. 2020年7月11日閲覧。
  29. ^ "Rajeev Masand's Kai Po Che review". Retrieved 22 February 2013
  30. ^ Bollywood Hungama (2013年9月6日). “Shuddh Desi Romance”. bollywoodhungama.com. 2020年7月11日閲覧。
  31. ^ Review: Shuddh Desi Romance has NO dull moments”. Rediff (2013年9月6日). 2020年7月11日閲覧。
  32. ^ "Sushant Singh confirmed for Hirani's PK". Retrieved 16 October 2012
  33. ^ ians. “New friendship brimeth? Anushka Sharma and Sushant Singh Rajput shoot for 'Peekay'”. CNN-IBN. 2014年4月22日閲覧。
  34. ^ “BBD Bag back to 1943 for Byomkesh shoot”. The Times of India. (2014年4月10日). http://timesofindia.indiatimes.com/city/kolkata/BBD-Bag-back-to-1943-for-Byomkesh-shoot/articleshow/29789055.cms 2014年10月19日閲覧。 
  35. ^ Deepanjana Pal (2015年4月6日). “Detective Byomkesh Bakshy review: Stylish, beautiful and yet Dibakar's most underwhelming film so far”. Firstpost. http://www.firstpost.com/bollywood/detective-byomkesh-bakshy-review-stylish-beautiful-and-yet-dibakars-most-underwhelming-film-so-far-2184271.html 2015年5月31日閲覧。 
  36. ^ Shubha Shetty Saha (2015年4月3日). “'Detective Byomkesh Bakshy!' – Movie Review”. Mid Day. http://www.mid-day.com/articles/detective-byomkesh-bakshy---movie-review/16111153 2015年5月31日閲覧。 
  37. ^ Not Trying To Glorify MS Dhoni: Sushant Singh Rajput Opens Up About His Upcoming Film”. CNN-News18 (2016年9月18日). 2016年10月4日閲覧。
  38. ^ Express Web Desk (2016年10月3日). “MS Dhoni The Untold Story box office collection day 10: Sushant Singh Rajput-starrer mints Rs 66 cr”. The Indian Express. 2016年10月4日閲覧。
  39. ^ 62nd Jio Filmfare Awards 2017 Nominations” (2017年1月10日). 2020年7月11日閲覧。
  40. ^ Kriti Sanon & Sushant Singh Rajput Starrer Raabta's Release Date Announced”. koimoi. 2016年3月12日閲覧。
  41. ^ Sushant Singh Rajput-Kriti Sanon's 'Raabta' to hit theaters next year”. The Times of India. 2016年3月12日閲覧。
  42. ^ Jain, Arushi (2018年11月12日). “Kedarnath trailer: Sara Ali Khan looks promising in this unique tale of love”. The Indian Express. 2020年6月14日閲覧。
  43. ^ “Sushant Singh Rajput reminisces his journey as Mansoor Khan from 'Kedarnath'”. Republic World. https://www.republicworld.com/entertainment-news/bollywood-news/sushant-singh-rajput-reminisces-his-journey-as-mansoor-khan-from-kedarnath.html 2020年6月15日閲覧。 
  44. ^ Sushant Singh Rajput, Bhumi Pednekar's Sonchiriya pushed to 1 March, will now clash with Lukka Chuppi”. Firstpost (2019年1月22日). 2020年7月11日閲覧。
  45. ^ Taran Adarsh [@taran_adarsh] (22 January 2019). "#SonChiriya gets a new release date: 1 March 2019.. Stars Sushant Singh Rajput, Bhumi Pednekar, Manoj Bajpayee, Ranvir Shorey and Ashutosh Rana... Directed by Abhishek Chaubey... Produced by Ronnie Screwvala. t.co/iabUjMsNTm" (ツイート). Twitterより2020年7月11日閲覧
  46. ^ Jyoti Sharma Bawa (2019年11月1日). “Drive movie review: Sushant Singh Rajput's Fast & Furious clone is one of Netflix's worst mistakes ever”. Hindustan Times. 2020年6月14日閲覧。
  47. ^ Sushant Singh Rajput's final movie would be 'The Fault in Our Stars' remake”. The Week (2020年6月14日). 2020年6月14日閲覧。
  48. ^ Sushant Singh Rajput's death: Anti-depression medicines found from actor's house; family demands CBI probe” (英語). www.timesnownews.com. 2020年6月14日閲覧。
  49. ^ Sushant Singh Rajput passes away at 34, no suicide note recovered from his Mumbai flat – Times of India” (英語). The Times of India. 2020年6月14日閲覧。
  50. ^ Popular Bollywood actor Sushant Singh Rajput, star of 'Kai Po Che,' found dead” (英語). Los Angeles Times (2020年6月14日). 2020年6月14日閲覧。
  51. ^ Parineeti Chopra on Shuddh Desi Romance co-star Sushant Singh Rajput's death: Will miss you buds” (英語). India Today (2020年6月14日). 2020年6月14日閲覧。
  52. ^ Sushant Singh Rajput's PK Co-Star Anushka Sharma: "Too Young And Brilliant To Have Gone So Soon"”. NDTV.com. 2020年6月14日閲覧。
  53. ^ Sushant Singh Rajput: An actor who preferred quality over quantity” (英語). The Week. 2020年6月14日閲覧。
  54. ^ Dc, Chitrangada (2020年6月14日). “How Sushant Singh Rajput trained for MS Dhoni – The Untold Story: WATCH” (英語). mykhel.com. 2020年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月14日閲覧。
  55. ^ Bureau, ABP News (2020年6月14日). “Sushant Singh Rajput Suicide: Arjun Bijlani Shares Screenshot Of His LAST Message To 'Raabta' Actor” (英語). news.abplive.com. 2020年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月14日閲覧。
  56. ^ 'Welcome To New York' movie review: Trips on a tactless plot”. The New Indian Express. 2020年6月14日閲覧。
  57. ^ Sushant Singh Rajput's Co-Star Sara Ali Khan Shares Kedarnath Memory. No Caption Needed”. NDTV.com. 2020年6月14日閲覧。
  58. ^ Sushant Singh Rajput passes away: From Kai Po Che to Sonchiriya, a look at the actor's iconic performances- Entertainment News, Firstpost” (英語). Firstpost (2020年6月14日). 2020年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月14日閲覧。
  59. ^ “'Chhichhore' co-stars Sushant and Shraddha Kapoor plan to meet their friends on the special screening of their film”. Times of India. https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/chhichhore-co-stars-sushant-singh-rajput-and-shraddha-kapoor-plan-to-meet-their-friends-on-the-special-screening-of-their-film/articleshow/70906563.cms 2019年9月1日閲覧。 
  60. ^ Drive to release on November 1 on Netflix”. outlookindia.com/. 2020年7月11日閲覧。
  61. ^ Sushant Singh Rajput, Sanjana Sanghi starrer Fault in Our Stars remake titled as Kizie Aur Manny”. Bollywood Hungama. 2020年7月11日閲覧。
  62. ^ a b c d From Kis Desh Mein Hai Meraa Dil to Jhalak Dikhhla Jaa 4: A look at Sushant Singh Rajput's TV stint” (英語). The Indian Express (2020年6月14日). 2020年6月14日閲覧。
  63. ^ T-Series (2017年7月8日). “Paas Aao Song – Sushant Singh Rajput Kriti Sanon – Amaal Mallik Armaan Malik Prakriti Kakar”. 2018年3月24日閲覧。
  64. ^ Nominees of The 9th Indian Telly Awards”. 2016年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  65. ^ a b c Sushant Singh Rajput's Biography”. koimoi. 2014年4月28日閲覧。
  66. ^ Fourth Boroplus Gold Awards 2011”. gomolo.com. 2017年10月14日閲覧。
  67. ^ indiantelevisionawards”. indiantelevisionawards. 2017年10月14日閲覧。
  68. ^ Bollywood Hungama. “Nominations for 9th Renault Star Guild Awards – Latest Celebrity Features – Bollywood Hungama”. bollywoodhungama.com. 2020年7月11日閲覧。
  69. ^ Screen Awards 2015, Latest News on Screen Awards 2015, Photo Gallery The Indian Express”. The Indian Express. 2014年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月11日閲覧。
  70. ^ Zee Cine Awards 2014: Complete list of nominations”. Zee News. 2020年7月11日閲覧。
  71. ^ Nominations for IIFA Awards 2014”. Bollywood Hungama (2014年2月20日). 2014年2月21日閲覧。
  72. ^ Hungama, Bollywood (2017年3月2日). “Nominations for Zee Cine Awards 2017 – Bollywood Hungama” (英語). Bollywood Hungama. http://www.bollywoodhungama.com/news/features/nominations-zee-cine-awards-2017/ 2017年7月14日閲覧。 
  73. ^ Hungama, Bollywood (2016年12月19日). “Nominations for Stardust Awards 2016 – Bollywood Hungama” (英語). Bollywood Hungama. http://www.bollywoodhungama.com/news/features/nominations-stardust-awards-2016/ 2017年7月14日閲覧。 
  74. ^ “18th IIFA Awards 2017: List of Nominations”. NDTV.com. http://www.ndtv.com/india-news/18th-iifa-awards-2017-list-of-nominations-1723760 2017年7月14日閲覧。 
  75. ^ “IFFM Awards 2017: Lipstick Under My Burkha, Dangal, Baahubali 2 win big (in pics)” (英語). http://www.indiatvnews.com/entertainment/bollywood-iffm-awards-2017-lipstick-under-my-burkha-dangal-baahubali-2-win-big-in-pics-396076 2017年12月10日閲覧。 

外部リンク編集