ビハール州(英語:Bihār 、ヒンディー語:बिहार)は、インドを構成する州の一つ。州都はパトナ(古都パータリプトラ)。

ビハール州
Bihar
बिहार
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 ビハール州
州都 パトナ(Patna)
面積 94,164 km2
人口 2001年
 - 合計 82,878,796 人
 - 人口密度 880 人/km2
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 ヒンディー語ウルドゥー語アンギカ語ボージュプリー語マガヒー語マイティリー語
創立 1912年
知事 サトヤ・パル・マリク英語版(Satya Pal Malik)
首相 ニティーシュ・クマール英語版(Nitish Kumar)
立法機関(議席数) 二院制(243+96)
略称ISO IN-BR
州公式
ウェブサイト
http://gov.bih.nic.in

目次

歴史編集

 
ブッダガヤの菩提樹

マガダ国編集

古代に栄えたマガダ国は、このビハール州の辺りに位置していた。ガウタマ・シッダールタ悟りの境地に至ったブッダガヤがあるように、仏教が生まれた地でもある。紀元前4世紀に成立したマウリヤ朝は都をパータリプトラ(現パトナ)に定めた。4世紀に成立したグプタ朝でもパータリプトラは都とされた。

イスラーム到来編集

10世紀以降、アフガニスタンに成立したイスラーム王朝であるガズナ朝は、北インドへ侵入を繰り返すことになった。そして、13世紀初頭にはデリーを都としたデリー・スルターン朝が成立し、この地のイスラーム化が進んでいった。

その後、ムガル帝国による支配を受けた。

イギリス植民地編集

1764年ブクサールの戦いでムガル帝国に勝利したイギリス東インド会社は、1765年にアラーハーバード条約を締結し、ベンガル地方ディーワーニー(行政徴税権, Diwani Rights)を獲得。イギリスは、この地にも統治権を広げた。

1912年から1936年までオリッサ州と合併したが、再び単独の州となった。

独立後編集

2000年ジャールカンド州がビハール州から分離した。

地理編集

インド北東部に位置する。東部は西ベンガル州、西部はウッタル・プラデーシュ州、南部はジャールカンド州の州境と接し、北部はネパール国境と接する。州の中部を横切るようにガンガー(ガンジス川)が流れている。

地方行政区分編集

産業編集

住民編集

民族編集

言語編集

宗教編集

文化編集

観光編集

その歴史から仏教関連の史跡が多い。

関連項目編集

外部リンク編集