スタッド・ナショナル・エル・ハジ・ハッサン・グレド

スタッド・ナショナル・エル・ハジ・ハッサン・グレド・アプティドン:Stade National El-Hadj Hassan Gouled Aptidon)はジブチの首都、ジブチシティにある多目的スタジアム。主にサッカーの試合用に使用されており、収容人数は10000人である。

スタッド・ナショナル・エル・ハジ・ハッサン・グレド
El Hadj Hassan Gouled Aptidon Stadium.jpg
所在地 ジブチ市, ジブチ
座標 北緯11度34分27秒 東経43度07分55秒 / 北緯11.57417度 東経43.13194度 / 11.57417; 43.13194座標: 北緯11度34分27秒 東経43度07分55秒 / 北緯11.57417度 東経43.13194度 / 11.57417; 43.13194
キャパシティ 10,000
表面 人工芝
オープン 1993年6月26日
使用者
サッカージブチ代表 (1993–)
テンプレートを表示

1993年6月26日に開場。スタジアム名はジブチの初代首相、及び初代大統領を務めたハッサン・グレド・アプティドンに由来する。中国によって建設されたが、過度の使用や土質(埋め立て地)、散水設備の破損などによってが破損し、塩類集積も起きていた[1]。このため2007年4月、FIFAによってピッチに人工芝が敷かれた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「ジブティの砂漠緑化100景――もうひとつのアフリカガイド」p64 東京農大沙漠に緑を育てる会編 東京農業大学出版会 2000年5月18日第1版第1刷