ステュアート・キューリン(Stewart Culin、1858年7月13日 - 1929年4月8日)は、アメリカ合衆国博物館員。

中国朝鮮北アメリカ先住民などの伝統的なゲーム研究の専門家として特に知られる。

生涯編集

キューリンはフィラデルフィアで生まれた。民族学について専門に学んだことはなく、独学で民族文化を研究した[1]。フィラデルフィアに住む中国人の社会について調査を行い、1887年に漢方薬に関する短い報告を公刊した[2]

キューリンの論文はペンシルベニア大学考古学人類学博物館の創立者のひとりであるダニエル・G・ブリントン英語版の注意を引いた。キューリンは1890年に同博物館の東洋部門の長(secretary)に就任した[3]。1892年からは一般民族学とアメリカ部門のディレクターをつとめた[3]

キューリンは1892年のマドリード博覧会 (英語版)、1893年のシカゴ万国博覧会、1895年のアトランタ博覧会 (英語版)、1900年のパリ万国博覧会、1901年のバッファロー博覧会 (英語版) においてゲームと民族文化の展示を企画した[1]

1903年にブルックリン美術館に移り、民族学部門のキュレーターに就任した[4]

キューリンは1900年から1911年にかけてアメリカ合衆国西部を旅行し、9000を超える先住民の資料を収集した[1][4]。1909年から1914年には日本、中国、インド、朝鮮を訪問して資料の収集を行った。アフリカ東ヨーロッパの資料も集めた[1]

1929年にロングアイランドにあるサフォーク郡バビロンのアミティヴィルで没した[4]

キューリンは1888年のフィラデルフィア東洋クラブの創立メンバーだった[5]。1889年のアメリカ民話学会の創立メンバーでもあり、1897年に会長をつとめた[6]。1902年のアメリカ人類学会の創立メンバーでもあった[4]

主な著書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d Stewart Culin game collection records, University of Pennsylvania, Penn Museum Archives, (2017-03-02) [2009], http://dla.library.upenn.edu/dla/pacscl/ead.pdf?id=PACSCL_UPENN_MUSEUM_PUMu1136198646 
  2. ^ “The Practice of Medicine by the Chinese in America”. The Medical and Surgical Reporter 56 (12): 355-357. (1887). http://archive.org/stream/medicalsurgical561887phil#page/354/mode/2up. 
  3. ^ a b Alessandro Pezzati (2016). “Stewart Culin and the Study of Games”. Expedition 58 (1): 44-45. https://www.penn.museum/sites/expedition/stewart-culin-and-the-study-of-games/. 
  4. ^ a b c d Guide to the Culin Archival Collection, Brooklyn Museum, https://www.brooklynmuseum.org/opencollection/research/culin/#d0e275 
  5. ^ R. G. Kent; I. G. Matthews (1938). “The Oriental Club of Philadelphia”. Journal of the American Oriental Society 58 (1): 2-4. JSTOR 594191. 
  6. ^ AFS Presidents, American Folklore Society, http://www.afsnet.org/?page=Presidents