ステファヌス7世 (ローマ教皇)

ローマ教皇

ステファヌス7世と呼ばれることがあるローマ教皇は2人存在する。「ステファヌス」の名を持つ教皇の代数に関する歴史的経緯はステファヌス (教皇選出者)#「教皇ステファヌス」とその代数を参照。

  1. ステファヌス7世 (在位:896年-897年)→ステファヌス6世 (ローマ教皇) を参照。
  2. ステファヌス7世 (在位:928年-931年)→ステファヌス7世 (8世)とも書かれる。

本項では、現在教皇庁および『教皇庁年鑑英語版』が正式に認めている、928年に即位した人物について扱う。


ステファヌス7世
第124代 ローマ教皇
Stephen VII.jpg
教皇就任 928年12月
教皇離任 931年3月15日
先代 レオ6世
次代 ヨハネス11世
個人情報
出生 ?
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
死去 931年3月15日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
テンプレートを表示

ステファヌス7世(Stephanus VII、? - 931年3月15日)は、第124代ローマ教皇(在位:928年12月 - 931年2月)。

生涯編集

出身はローマ司祭を務めていた。928年12月に先代のレオ6世が殺害されたため、新教皇に選出された。しかしセルギウス3世の愛人であったマロツィアの傀儡だったという。[要出典]931年3月に死去した。

参考文献編集