ストックホルム商科大学

ストックホルム商科大学 (Handelshögskolan i Stockholm) は、経済学を専門とする私立単科大学。英語での名称はストックホルム・スクール・オブ・エコノミクス (Stockholm School of Economics) 。

Stockholm School of Economics

概要編集

1909年実務教育の向上を目的として設立され、現在も同地に本拠を置く。個人信託によって管理されているが、スウェーデン政府の支援も受けている。スウェーデンの商学部の中では最難関でありマスター課程のマネージメントプログラムはファイナンシャルタイムズにより欧州13位とランク付けられている。

ストックホルム商科大学では、いわゆる学士、修士が統合された4年間一貫での、経営学および経済学修士課程に基づきカリキュラムが編成されていたが、EU加盟国等間での、学位/単位の標準化の動きを受けて、日本の大学/大学院と同様に、学士/修士が取得できるようになった。学士は3年間、修士は2年間で標準的なカリキュラムでは取得できる。ここでいう修士は、Master of Science (MSc)であり、専攻とあわせて、日本語訳すると、経営学修士または、経済学修士ということになる。しかし、経営学修士は、いわゆるMaster of Business Administration(MBA)とは異なる。職務経験者を対象としたMBAプログラムは別途開講されている。ストックホルム商科大学で行われている研究の半分は経営学に関する学際的研究であり、残り半分は経済学統計学金融工学に関する研究である。

ストックホルム商科大学において名を馳せた人物として、エリ・ヘクシャーベルティル・オリーンがいる。彼らは国際貿易に関するヘクシャー=オリーンの定理を構築し、1977年にオリーンはノーベル経済学賞を受賞した。また、ヘクシャーはスウェーデンにおいて経済史学問の一分野にまで発展させたことでも知られている。

世界各国のトップクラスのビジネススクールと交流協定を持ち、日本では、東京大学一橋大学慶應義塾大学慶應ビジネススクール)の3校との協定が存在している。


歴史編集

ストックホルム商科大学は、急速な工業化と十分な教育を受けたビジネスマンや企業経営者のニーズの高まりへの対応として、1909年に民間主導で設立され、それ以来、経済界との緊密な関係を維持してきました。財団は、1903年にクヌートアガソンウォレンバーグによる多額の寄付に続きました。 handelshögskola(大まかに「商業大学」)という名前は、1898年にHandelshochschule Leipzigから始まって、数年前に開始された多くのドイツの機関で使用されていたドイツ語のHandelshochschuleと類似しています。 1877年からその名前が付けられたRoyalInstitute of Technology(Kungl。)Tekniskahögskolanなどの大学外の専門高等教育機関。

ビジネススクールとして設立されたが、経済学の主題は最初から学校の研究とカリキュラムで目立つように取り上げられた。

ストックホルム商科大学の最も有名な学者は、間違いなく、経済学者のエリ・ヘクシャー(1909年から1929年の経済学と統計学の教授、1929年から1945年の経済史の教授)とベルティル・オーリン(経済学の教授)です。ヘクシャーは、独立した学問分野として経済史の創設者としても知られており、彼の作品であるSvenskt Arbete ochLivはこの主題の基本的な作品です。

オーリンはまた、同じ名前の教義の学校、いわゆるストックホルム学校の第一人者でもありました。クヌート・ヴィクセルの影響を受けたスカンジナビアの主要な経済学者のグループであり、そのほとんどはストックホルム商科大学またはストックホルム大学のいずれかでストックホルムで活動しています。この教義の学校は、第二次世界大戦後のスウェーデンの経済政策と現代のスカンジナビア福祉国家の発展に大きな影響を与えることになっていました。ヘクシャー・オリーンは、国際貿易の標準的な国際数学モデルである、いわゆるヘクシャー・オリーン理論を共同で開発しました。ベルティル・オリーンは1977年にノーベル経済学賞を受賞しました(英国の経済学者ジェイムズ・ミードと共有)。ストックホルム学派の他の著名なメンバーは、購買力平価の標準的な経済理論を開発したストックホルム大学のグスタフ・カッセル教授と、米国ニューヨーク市の国連事務総長である経済学者のダグ・ハマーショルドでした。

この学校は、公共政策、行政、国際研究の学校のグループである国際関係大学院協会(APSIA)の正会員です。



外部リンク編集