スニール(Sunil、1974年2月28日[1] - )は、インドテルグ語映画で活動する俳優。これまでに177本以上の映画に出演しており、フィルムフェア賞 南インド映画部門ナンディ賞を受賞している。

スニール
Sunil
Sunil
スニール(2005年)
本名 Sunil Varma Indukuri[1]
生年月日 (1974-02-28) 1974年2月28日(48歳)
出生地 インドの旗 インド アーンドラ・プラデーシュ州ビマヴァラム英語版
職業 俳優
活動期間 1999年 -
配偶者 シュルティ・インドゥクリ[1]
テンプレートを表示

キャリア編集

スニールはダンサーとして活動しており、舞台俳優を目指して劇団への入団を希望するが、身長や声などを理由に出演の機会が与えられなかった[2]。彼はダンスやコメディ寸劇を経験し、1995年にダンサーとして映画業界に進む[2]。彼はモハン・バーブ英語版のようなコメディもこなせる悪役俳優になることを希望し、主人公の友人役を志望するが拒否される。その後、大学時代の友人であるトリヴィクラム・スリニヴァス英語版を映画業界に誘い共に活動する[2]。トリヴィクラムは脚本家として活動を始め、一方のスニールは生計を立てるため助監督として働き、後に『Second Hand』で端役として起用されたが、同作は途中で製作中止となった。その後は再び映画スタジオのスタッフとして働き、撮影を通して俳優たちの演技を学んだ[2]

2000年に『Nuvve Kavali』で俳優デビューし、同年『Chiru Navvuto』に出演した[2]。出演作品はトリヴィクラムが脚本を執筆しており、スニールは彼が自分の特徴を脚本に取り入れてくれたことでスムーズに演技することができたと語っている[2]。2006年公開の『Andala Ramudu』で初主演を務め、2009年にS・S・ラージャマウリの『マガディーラ 勇者転生』に出演し、2010年には『あなたがいてこそ』で主役に起用された。2012年にヴィーラバドラーム・チョードリー英語版の『Poola Rangadu』に出演し、同作は批評家から高く評価された[3]。2015年には『Tadakha』で主演を務めた。一時期コメディ路線を離れてヒーロー路線にシフトしたが、主演作品が興行的に不振が続いたため、キャリアを維持するためにコメディ路線に戻った[4]

受賞歴編集

フィルムフェア賞 南インド映画部門
ナンディ賞

出典編集

  1. ^ a b c Sunil Profile, Telugu Movie Actor”. IQLIK MOVIES. 2019年7月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Sunil – Telugu Cinema interview – Telugu film actor”. Idlebrain. 2019年7月7日閲覧。
  3. ^ http://www.ifilmish.com/100th-day-of-poola-rangadu/ Archived 20 June 2012 at the Wayback Machine.
  4. ^ Actor Sunil to ditch hero role for next film, return to comedy”. The News Minute (2018年1月4日). 2019年7月7日閲覧。
  5. ^ FilmfareAwards 2005”. Idlebrain. 2019年7月7日閲覧。

外部リンク編集