スバル・アマデウス

スバル・アマデウスAmadeus)は、1991年秋に開かれた第29回東京モーターショー富士重工業(現・SUBARU)が出品した試作車である。

スバル・アマデウス
ボディタイプ 3ドア シューティングブレーク
エンジン 3318cc 水平対向6気筒 EG33
最高出力 250hp/6,400rpm
全長 4,865mm
全幅 1,830mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,610mm
-自動車のスペック表-

概要編集

アルシオーネSVXをベースに新たな意匠を与えられ、3ドア構成のシューティングブレークのボディを持つ。市販はされず、左ハンドル・アイボリー内装の試作車が国内に保管されている[要出典]という。

外部リンク編集