スプリングハンマーとは、鍛造鍛冶に用いる電動で動くハンマー(鍛造機)である。鍛接の完了した鋼材の大延ばしに使用することが多い。

打撃のパワーが強く、片手槌(入れ槌)と言う金槌で製造するのと比べ時間が短縮できる。また、槌目が均一であることから、製品の品質を均一に保った状態で作業が可能である。

構造編集

スプリングハンマーはモーターによる動力で駆動する機械ハンマーである。モーターの動力をVベルトによりクランクホイルへ伝え、その回転運動でハンマーヘッドの弓を上下させる。構造としてはエンジンクランクの動きとほぼ同じ動きをしていて、エンジンで言うピストンがハンマーになったような機械である。しかし強力なパワーのために専用の大きな金敷が必要で、300kgほど(仕様により異なる)の大金敷の上に小さい金敷を付けて使用する。先端の金敷とハンマーヘッドの槌鉄は消耗品で交換することが出来るようになっている。

関連項目編集