スプリート(Supreeth)は、インドテルグ語映画で活動する俳優[1]。代表作には『Chhatrapati』『あなたがいてこそ』があり、主に悪役を演じる助演俳優として知られている[2][3]

スプリート
Supreeth
本名 Supreeth Reddy
出生地 インドの旗 インド アーンドラ・プラデーシュ州ハイデラバード
(現テランガーナ州
職業 俳優
活動期間 2002年-
配偶者 プリヤンカー
テンプレートを表示

キャリア編集

幼少期から映画に興味を持ち、俳優になる以前はバレーボール選手をしていた。2002年に『Jayam』のオーディションに合格して俳優デビューする[3]。2003年にパワン・カリヤーン英語版の監督デビュー作『Johnny』に出演し、2004年にはS・S・ラージャマウリの『Sye』に出演し、役作りのためにラグビーの訓練を受けた。2005年に出演した『Chhatrapati』では、当初主演を務めるプラバースの友人役に起用されていたが、後に悪役に変更された。同作での演技を高く評価され、これ以降悪役を多く演じるようになった。2008年にA・R・ムルガダースの『Ghajini』でアーミル・カーンと共演し、2012年には『Vikramarkudu』のリメイク作『Rowdy Rathore』に出演した[4]

家族編集

プリヤンカーと結婚し、彼女との間に2人の息子をもうけている[3]

フィルモグラフィー編集

出典編集

  1. ^ Supreet”. Filmibeat. Filmibeat. 2016年7月4日閲覧。
  2. ^ Supreet Biography, Profile”. www.filmcentro.com. Dosthana. 2016年7月4日閲覧。
  3. ^ a b c Tanmayi, AuthorBhawana. “Supreet Reddy, the God-fearing villain”. Telangana Today. 2020年3月31日閲覧。
  4. ^ Rowdy Rathore: Movie Review - Times of India”. The Times of India. 2020年3月31日閲覧。

外部リンク編集