メインメニューを開く

スポッティド島 (Spotted Island) はカナダラブラドール地方東岸沖にある島。

Spotted Island
Puktuksoak (イヌティトゥット語)[1]
Spotted Island Puktuksoak (イヌティトゥット語)[1]の位置(ニューファンドランド・ラブラドール州内)
Spotted Island Puktuksoak (イヌティトゥット語)[1]
Spotted Island
Puktuksoak (イヌティトゥット語)[1]
地理
座標 北緯53度31分 西経55度47分 / 北緯53.51度 西経55.78度 / 53.51; -55.78座標: 北緯53度31分 西経55度47分 / 北緯53.51度 西経55.78度 / 53.51; -55.78
行政
ニューファンドランド・ラブラドール州

北と東はラブラドル海に面し、南にはドミノランと名づけられた海峡を隔ててポンズ島がある。島は長さおよそ4マイル、幅は2マイルである。島の名前は東岸で見られる白と黒の縞になった崖に由来する。

1867年、この島でウィリアム・ジャックマンが座礁した船から単独で27人を救助するという出来事があった。

1961年まで、この島にはパインツリーラインの早期警戒レーダー基地があった。

参照編集