スレン・オセピャン

スレン・グリゴリエヴィチ・オセピャン(オフセピャン[2] / オセピャンツ)ロシア語: Сурен Григорьевич Осепян (Овсепян / Осепянц)1890年12月10日 - 1918年9月20日)、民族名スレン・グリゴリ・ホヴセピアン(ホヴセピアンツ)アルメニア語: Սուրեն Գրիգորի Հովսեփյան (Հովսեփյանց))は、アルメニア人の革命家であり、26人のバクー・コミッサールの一員である。

スレン・グリゴリエヴィチ・オセピャン
Сурен Григорьевич Осепян
Սուրեն Գրիգորի Հովսեփյան
生年 (1890-12-11) 1890年12月11日
生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国エリザヴェトポリ県ロシア語版エリザヴェトポリ郡英語版エリザヴェトポリ
没年 (1918-09-20) 1918年9月20日(27歳没)
没地 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国ザカスピ州クラスノヴォツク郡、カスピ海横断鉄道ペレヴァル駅=アフチャ・クイマ駅間[1]
思想 マルクス・レーニン主義
活動 南カフカースでのプロパガンダ活動
所属 ボリシェヴィキ
母校 モスクワ大学
テンプレートを表示

生涯編集

1890年ロシア帝国エリザヴェトポリ県ロシア語版エリザヴェトポリに生まれ、中等学校時代から革命運動に参加[3]1906年ロシア社会民主労働党に入党した[3]1909年に中等学校を卒業してモスクワ大学に進み、ロシア社会民主労働党モスクワ委員会に加入し革命運動に関わるも、1910年に逮捕されハリコフへ送られた[3]。その後も『プラウダ』や『教育』などボリシェヴィキの新聞・雑誌に寄稿し、1914年からは従軍先でもプロパガンダ活動に従事[3]二月革命後はエリザヴェトポリやカフカース戦線英語版で革命運動に携わった[3]

1918年3月からバクーへ移りミュサヴァト党と闘争[3]。『バクー・カフカース赤軍』や『バクー・ソビエト通報』各紙の編集者となるが[3]、ボリシェヴィキ系のバクー・コミューンが崩壊すると捕らえられ、同年9月20日、他のコミューン成員らとともに処刑された[1]

脚注編集

  1. ^ a b Бакинские комиссары / Л. С. Шаумян // Ангола — Барзас. — М. : Советская энциклопедия, 1970. — (Большая советская энциклопедия : [в 30 т.] / гл. ред. А. М. Прохоров ; 1969—1978, т. 2).
  2. ^ ア・イ・ミコヤン『バクー・コンミューン時代』ミコヤン回想録 1、小川政邦、上田津訳、河出書房新社、1973年(原著1972年)、iii頁。NCID BN06822788
  3. ^ a b c d e f g "ՀՈՎՍԵՓՅԱՆ". Հայկական Սովետական Հանրագիտարանロシア語版. 6. Երևան: Հայ սովետական հանրագիտարան հրատարակչություն. Վիկտոր Համբարձումյան. 1980. pp. 581–582. |chapter-url=の38文字目にC1制御文字が入力されています。 (説明)