メインメニューを開く

スロバキア国章(スロバキアのこくしょう)とは1990年3月1日に制定されたスロバキアの徽章のこと。

スロバキアの国章
Coat of arms of Slovakia.svg
詳細
使用者 スロバキア
採用 1990年

赤い青い3つの丘と白い複十字が描かれている。

構成編集

  • 基調の色である、白・赤・青は汎スラヴ色といわれ、スラヴ民族を象徴している。
  • 二重十字(総主教十字)はビザンツ帝国由来の正教会のシンボルである。
  • 3つの丘は、スロバキアを象徴するタトラファトラマートラ(マートラは現在ハンガリー領内にある)の三山を象徴している。もともと「3つの丘に二重十字」の意匠はハンガリーに由来し、現在のハンガリーの国章にも類似の意匠が残る。スロバキアは長年ハンガリーに属しており、北部ハンガリーのスラブ人地域が19世紀以降スロバキア民族主義を主張するようになり、ハンガリーの紋章の緑の丘を青い丘に変えてスロバキアの象徴として用いるようになった。

チェコスロバキア時代の国章編集

参考文献編集

関連項目編集